テニス サーブ

サーブ

「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊急対応策5つ

大事な試合こそ、セカンドサーブの精度が試合を分ける。

学生や一般の大会では、特にこの傾向が強いのが特徴です。

まずはダブルフォルトをいかに減らせるか、調子が悪い時にどんな修正ができるか。

アナタ自身、どんな対応策を持っていますか?

 

「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊急対応策5つ

 


 

1.トスを自分に近くしてみる

多少威力は落ちても、自分の近くにトスを調整することで打点は安定します。

ラケットの真ん中にしっかり当たっていないな・・・と感じるときは、シンプルにこの調整で。

ただし、縮こまったようなスィングはNG。

あくまで微調整程度にして、しっかりラケットは上に振るようにしましょう。

 

2.打点を高く取るように意識

サーブの調子が悪いときは、打点が低いケースも多いようです。

自信が無くなってくると、どうしても「置きに、入れにいって」しまうことが多いので、トスで高さが出し辛くなる。

打点が低ければ、当然ネットを超えてサーブが入る可能性は低くなります。

 

3.擦るのではなくしっかりラケットに厚い当たりで当てる

比較的初中級の男性に多いパターン。

擦って回転をかけて入れようとして、フレームに当たったり、全然飛ばなくなったり・・・。

回転のかけ方は、あくまで厚い当たりで大きなスィングで行う。

その為にも、普段から薄いコンチネタルグリップで練習しておくことをお勧めします。

 

4.相手のボディを狙ってみる

はっきりとした目標となる対象物があると、狙いが定まりやすい。

サーブが入らなくなるともう自分のことでいっぱいいっぱいで、リターンの相手が眼に入らなくなる人がいます。

あえてしっかり観て、目標物として認識しましょう。

意外とボディに良いサーブが飛んでくれるかも知れません。

 

5.スライス、スピン、スピンスライスなど、複数のセカンドサーブを用意しておく

サーブの種類は色々習得しておいて、損はありません。

一つのフォームから打てると理想ですが、もう打ち方でばれてしまっても良いと思います。

特にセカンドサーブでは、まず入ることが大切。

私の場合、スピンで入らなくなったらスライスで・・・という形を一つ持っています。

またリズムが出てくれば、戻せば良いだけの話。

ぜひ試してみて下さい。

 

試合でセカンドサーブが急に入らなくなること、しっかり想定しておきましょう。

「あ、またこのパターンだな・・・」と思ったら、しっかり自分と会話すること。

「慌てなくて良い、修正法はあれでいこう・・・」という感じで、経験を積んでいって下さい。

ラケットスポーツであるテニスに、調子の良し悪しは付き物。

しっかりコントロールできるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  3. テニス サーブ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!

    サーブを最初に覚える時、とにかくコントロールを優先して、当てるだけのサ…

  5. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値

    昨日、学生リーグ戦の試合を観戦して来て、一番感じたこと。上を目…

  6. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理
  2. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  4. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  5. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
PAGE TOP