その他

もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・

誰しも、一度は「審判」の経験はあるんじゃないでしょうか。

きちんと全てのルールは知らないまでも、インかアウトかを判断してカウントをコールする・・・。

でも正直、なかなか難しいですよね。

今後アナタ自身が、大事な公式戦の審判台に座ることがあるかも知れません。

今回は細かいルールややり方ではなく、知っておくと試合を円滑に回せる技術を一部、ご紹介します。

 

もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・

 


 

■学生時代の「負け審」制度って、どこかおかしい

負けたあとに審判、これってすごく精神的にもキツイですよね。

「あー、あいつ負けたんだー」みたいな眼で見られるし、さらし者みたいで恥ずかしい。

これが日本テニス界で審判員が増えない、普及しない大きな原因のような気がしてなりません。

マイナスなイメージが付いてしまっている方も多いと思いますが、いざ大切な試合で・・・となると、しっかりこなさないといけません。

 

■審判としての役割を事前にしっかり確認

一言で審判と言っても、大会によってその役割は様々です。

本当に全てのラインを責任を持って見るのか、カウントのコールだけで選手のセルフジャッジなのか、その大会により様々です。

この確認を事前に大会側と行っておかないと、大変なことになりますので注意しましょう。

 

■大事な試合の審判で「もめない為に」、一つだけ意識したいこと

もう一つ、選手からのクレームについての対応策を。

テニスの微妙な判定ジャッジでは、必ずどちらかが不利になり、不満がくすぶります。

その際に、判定が不利になる、ポイントを失う方の選手に向かって、笑顔でハンドシグナルを瞬時に出す!

「ちゃんと見てましたよ・・・安心して下さい」という意志をアイコンタクトで伝えます。

これで上手く納得してもらえる・・・かどうかは微妙ですが、私はこの方法で乗り切った試合がたくさんあります。

ハンドシグナルは、コートに入っている場合は掌を下に向けて前に出す、アウトの場合は人差し指を上に立てる、普段の皆さんのセルフジャッジで用いるサインと同じです。

プロ選手の動画を観ながら、イメトレなんかも家でしてみると良いでしょう!

 

最初は「面倒だな・・・」と思うかもしれませんが、審判の眼を養うとアナタの試合力は上がります。

「あぁ・・・この選手、メンタルやられたな」とか、手に取るように分かる。

まるで自分がその場で試合をしているような感覚で、経験を積めるのです。

もちろん、セルフジャッジに必要な視力も養えますし、ルールも勉強することで覚えます。

ぜひ、機会があれば積極的に審判台に乗るようにしてみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

  2. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!

    幼稚園の頃に喘息に掛かり、小学生の低学年の頃までは病院にお世話になりっ…

  3. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

  4. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  5. その他

    試合で相手に「打ち込まれる」態勢、取れてる?

    試合の中で、守備で粘れる人。特に、ボレーで粘れるかどうかってダ…

  6. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  2. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道
PAGE TOP