サーブ

「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。

このサーブを打った後の動き、ステップをしっかり意識出来ている人はプレーが安定します。

ボレーの技術に目がいきがちですが、まずは足元から確認してみませんか?

 

「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

 


 

1.相手が打つ少し前にステップできるタイミングを計算する

自分のサーブのスピード、相手リターンの位置を正確に把握できていますか?

相手が打ってきているのに前にダッシュしていては、もちろんボレーなんて返りません。

どのタイミングでステップを踏むか、相手が打つ少し前がベストです。

「でも、サービスラインまで行かないと・・・」というポジション基準の意識は、この際捨てましょう。

 

2.最低でも肩幅以上、スタンスを広く

スタンスが狭いと、それだけで守備範囲が狭くなります。

スプリットステップの段階で、肩幅以上には広く取りましょう。

最初に広く設定できると、その後のラリーになっても広いままで安定感が増します。

上体を低く、テニスの基本ですね。

 

3.ネットと並行ではなく、ボール方向へのスプリットステップを

必要な身体の向きも、ステップで作ります。

ネットに並行ではなく、相手の方向をしっかり向いて、スプリットステップに入るようにしましょう。

サービスラインが目に入ると、つい足を揃えてしまいますがそれはNG。

ネットと並行だとショートクロスのコースに隙ができてしまいますし、ストレートロブのカバーもし辛いので注意です。

 

4.セカンドサーブでは攻撃に備えて、深いスプリットステップに調整

もしセカンドサーブになってしまって、相手のリターンが良い、または自分のサーブが弱いと感じたら、守備的に調整が必要。

深く沈み込むようなステップで、より目線を下げて待ちましょう。

沈めてきても、まず絶対に返す。

そこから決められたら仕方ない。

このあたりの作戦はペアともしっかり共有して、できればポーチに出てもらうなどの工夫も必要です。

 

技術とポジショニングはテニスにおいて重要。

しかしその2つをつなぐステップという技術は、もっと重要な要素かも知れません。

スプリットステップは基本ですが、アナタ自身でカスタマイズしていくべきもの。

ただ教えられたから、ではなく、なぜ必要なのかを考え、しっかり向上心を持って色々試していきましょう!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

    試合をしていて、こういう相手いませんか?相手がサーブを打とうと…

  3. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる
  3. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ
  5. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識
PAGE TOP