サーブ

「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。

このサーブを打った後の動き、ステップをしっかり意識出来ている人はプレーが安定します。

ボレーの技術に目がいきがちですが、まずは足元から確認してみませんか?

 

「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

 

1.相手が打つ少し前にステップできるタイミングを計算する

自分のサーブのスピード、相手リターンの位置を正確に把握できていますか?

相手が打ってきているのに前にダッシュしていては、もちろんボレーなんて返りません。

どのタイミングでステップを踏むか、相手が打つ少し前がベストです。

「でも、サービスラインまで行かないと・・・」というポジション基準の意識は、この際捨てましょう。

 

2.最低でも肩幅以上、スタンスを広く

スタンスが狭いと、それだけで守備範囲が狭くなります。

スプリットステップの段階で、肩幅以上には広く取りましょう。

最初に広く設定できると、その後のラリーになっても広いままで安定感が増します。

上体を低く、テニスの基本ですね。

 

3.ネットと並行ではなく、ボール方向へのスプリットステップを

必要な身体の向きも、ステップで作ります。

ネットに並行ではなく、相手の方向をしっかり向いて、スプリットステップに入るようにしましょう。

サービスラインが目に入ると、つい足を揃えてしまいますがそれはNG。

ネットと並行だとショートクロスのコースに隙ができてしまいますし、ストレートロブのカバーもし辛いので注意です。

 

4.セカンドサーブでは攻撃に備えて、深いスプリットステップに調整

もしセカンドサーブになってしまって、相手のリターンが良い、または自分のサーブが弱いと感じたら、守備的に調整が必要。

深く沈み込むようなステップで、より目線を下げて待ちましょう。

沈めてきても、まず絶対に返す。

そこから決められたら仕方ない。

このあたりの作戦はペアともしっかり共有して、できればポーチに出てもらうなどの工夫も必要です。

 

技術とポジショニングはテニスにおいて重要。

しかしその2つをつなぐステップという技術は、もっと重要な要素かも知れません。

スプリットステップは基本ですが、アナタ自身でカスタマイズしていくべきもの。

ただ教えられたから、ではなく、なぜ必要なのかを考え、しっかり向上心を持って色々試していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

    「良いサーブを打ちたい!」と、誰もが口にする。でも、アナタ自身…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、「絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない」というルールはありません

    ふと、考えてみる。自分のサーブの調子が良いとき、というのはこう…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

    先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があ…

  4. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには、まず「相手の気持ちになっ…
  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
PAGE TOP