サーブ

「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも増えてきます。

年齢と共に、どうしても可動域が狭くなってくる肩。

サーブにおいては致命的なこの問題、脱力サーブを身に付けておくと試合で有効です。

「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

 


 

■ベテランプレイヤーは、腕が上がらなくなるのが普通の現象

40肩と呼ばれる言葉があるくらい、人は年齢を重ねると肩から腕が上がらなくなる。

テニスにおいて、これはかなり致命的。

学生の肩も、肩を痛めていつものサーブが試合で打てないこともあるでしょう。

こういったときに、どんなオプションが自分の中にあると有効か、考えてみましょう。

 

■打点を少し低めでスライス、ただし前で捉えて深いサーブに

打点を落とすことで、安定したスライスサーブを打てるようになります。

気を付けたいのは、高さは落としても打点は前、コートに内側にトスを上げること。

そこからいつもより、少し山なりを意識したサーブを打ちましょう。

プロ野球のピッチャーが投げる、「カーブ」の変化球のイメージが大切です。

 

■コースの打ち分けさえ出来ればOK、サーブの目的感を明確に

スピードが遅い分、相手にはコースを絞らせないような工夫が大切です。

遅くて打点が低いボールを、左右にしっかり打ち分けることでリターンをかわしたい。

その為には、スライスで曲がる軌道をバウンド後まで考えること。

自分のスライス回転がどう相手の方向に進んでいき、リターンさせるのかを、練習の中から仲間と確認してみましょう。

 

良いサーブ=速いサーブ、というのは一部分でしかありません。

今回ご紹介したようなサーブで、乗り切らなければいけない試合は必ず出てきます。

1日に何試合もあるときには、初戦はこういったサーブで体力を温存することも必要でしょう。

自分の身体を知り、それに技術を合せていく意識もテニスには必要です。

 

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある

    サービス力、つまりはサーブの力、ですね。これについて、考えてし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    大したことじゃないけど、新しいこと始めます
  3. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  4. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目
  5. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本
PAGE TOP