テニス ボレー

ボレー

「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス界には多くいます。

練習してもなかなか上手く打てないから、試合でも苦手意識丸出しで狙われる。

そんなアナタは、手堅い基本の意識を持つことで、改善されるかも知れません。

 

「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

 

1.ボレーは山なりでOK、まずは返球することを優先する

叩きつけるようなボレーだけが、重要ではありません。

バックボレーを狙われていると感じたら、まずは返球しなければ相手に付け込まれます。

であれば、山なりの軌道で充分。

深く打てれば一番ですが、アウトが怖ければまずは甘くても良いのでボールの少し下を触って山なりの返球を意識しましょう。

 

2.ネット近くで手堅い攻撃も見せておく

攻撃するときには、ポジションを一番に意識。

ネットに近い位置では、当たり損ないもエースになる可能性があります。

技術的なカバーは、フットワークで充分に補えます。

自信が無くて足が止まっている人ほど、もったいない。

今いる位置で、どういうバックハンドボレーが有効かを考える癖を付けましょう。

3.シンプルなラケットワークが大切、特に女性の両手バックは

バックハンドボレーに苦手意識の強い方は、基本的にラケットを動かし過ぎ。

シンプルにまずは真ん中に当てることが大事なので、ラケットを動かし過ぎないようにしましょう。

両手の方は、そもそも可動域が狭いので、下半身のフットワークで補う意識を。

後は打った後に顔をしっかり残して、ボールの行方をすぐに追わないようにしましょう、

 

4.ボレーでもフォアに回り込めるなら、回り込もう!

バックハンドボレーが苦手なら、試合では回り込むのも有り。

ストロークと同じように、試合になれば自分の得意なショットで選択できる。

もちろん、上達には練習が不可欠ですが、考え方としてはフォア側でも打てる準備はしておきましょう。

 

試合で弱みを見せると、つけ込まれます。

相手も「迷ったらバックボレーを打たせよう」という意識で、攻撃に無理がなくなり試合で厄介なことになりかねません。

バックボレーが苦手でも、無理やりにでも「返球なら任せろ!」と言えるくらいにはもっていけるはず。

そう、手堅い基本の意識の確認だけで、アナタは変われます。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブ…
  2. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  4. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から
PAGE TOP