テニス ボレー

ボレー

「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス界には多くいます。

練習してもなかなか上手く打てないから、試合でも苦手意識丸出しで狙われる。

そんなアナタは、手堅い基本の意識を持つことで、改善されるかも知れません。

 

「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

 


 

1.ボレーは山なりでOK、まずは返球することを優先する

叩きつけるようなボレーだけが、重要ではありません。

バックボレーを狙われていると感じたら、まずは返球しなければ相手に付け込まれます。

であれば、山なりの軌道で充分。

深く打てれば一番ですが、アウトが怖ければまずは甘くても良いのでボールの少し下を触って山なりの返球を意識しましょう。

 

2.ネット近くで手堅い攻撃も見せておく

攻撃するときには、ポジションを一番に意識。

ネットに近い位置では、当たり損ないもエースになる可能性があります。

技術的なカバーは、フットワークで充分に補えます。

自信が無くて足が止まっている人ほど、もったいない。

今いる位置で、どういうバックハンドボレーが有効かを考える癖を付けましょう。

3.シンプルなラケットワークが大切、特に女性の両手バックは

バックハンドボレーに苦手意識の強い方は、基本的にラケットを動かし過ぎ。

シンプルにまずは真ん中に当てることが大事なので、ラケットを動かし過ぎないようにしましょう。

両手の方は、そもそも可動域が狭いので、下半身のフットワークで補う意識を。

後は打った後に顔をしっかり残して、ボールの行方をすぐに追わないようにしましょう、

 

4.ボレーでもフォアに回り込めるなら、回り込もう!

バックハンドボレーが苦手なら、試合では回り込むのも有り。

ストロークと同じように、試合になれば自分の得意なショットで選択できる。

もちろん、上達には練習が不可欠ですが、考え方としてはフォア側でも打てる準備はしておきましょう。

 

試合で弱みを見せると、つけ込まれます。

相手も「迷ったらバックボレーを打たせよう」という意識で、攻撃に無理がなくなり試合で厄介なことになりかねません。

バックボレーが苦手でも、無理やりにでも「返球なら任せろ!」と言えるくらいにはもっていけるはず。

そう、手堅い基本の意識の確認だけで、アナタは変われます。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた…

  3. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  4. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  6. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  3. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い
  4. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
PAGE TOP