サーブ

シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。

特にセカンドサーブになったときには、相手も攻撃的に来る可能性が高く、いかに優位性守るかがテニスでは大事になってきます。

そこで今回は、改めて「セカンドサーブを打った後」の動きと意識について、考えて見ます。

 

シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

 


 

■セカンドサーブになると、中級者までの試合ではリターン側が有利

シングルスの試合をよく観察していると、リターン側が優位なことも多い。

特に中級者くらいまでのレベルでは、ダブルフォルトの失点含めて、リターン側が得点する割合のほうが多いように思います。

サーブを改良していくことは大前提ですが、打ったあとのポジションや意識の改善で、フォローアップできる部分も多いのです。

 

■まずは守りのイメージを持って、サーブのポジションに入る

サーブに自信が無い人も、しっかりポイントを拾う意識は持ちましょう。

打ち込んでくる相手であれば、セカンドサーブを打った後にポジションを下げる。

その際に、相手をしっかり観ることが大切です。

どこかコースを狙うのであれば、必ず特徴が表れているはず。

ストロークよりもリターンは、テニスの癖を隠し辛い。

予測が当たれば、しっかりカウンターで反撃してきましょう。

 

■セカンドでも良いサーブで崩せたら、もちろん攻撃

攻撃は最大の防御なり、は鉄則です。

いつまでもセカンドから守り一辺倒だと、相手も「あぁ、この人はサーブは入れてあとは粘るだけだな」と、楽になってしまいます。

メリハリを付ける意味でも、深いセカンドが入った後には早く展開して攻撃していく場面も必要。

この攻守の使い分けをしっかり試合の中で意識して、相手を揺さぶっていきましょう。

 

もし仲間と一緒に試合に出る機会があれば、セカンドサーブからのポイント取得率を算出してもらいましょう。

スコアカードに、「セカンドサーブになったとき」の印は真ん中に点を入れます。

後から見返してみて、良い試合と悪い試合、プロの試合はどうなんだろうと比べてみる。

きっとそこには、思わぬシングルスの改善ヒントが隠されているはずです。

 

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  2. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由について

    プロテニス選手がサーブを打つ時、しっかりボールを選んでいる。一…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

    ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。…

  4. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる

    皆、部活の中でしっかりサーブ練習やってる?サーブが大事って試合…

  5. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

  6. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  3. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?
  5. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
PAGE TOP