テニス 試合

メンタル

テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

「あー、ミスった!」

と言って、悔しがる風景、試合でも練習でもよくありますよね。

それって、本当に「ミス」ですか?

ただ自分の実力をごまかそうとして、目を背けているだけじゃないんですか?

 

テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

 


 

1.そもそも、「ミス」の概念を考えてみる

ミス、という言葉から、アナタは何を想像しますか?

普段は当たり前に出来ていることが、たまたま失敗した、くらいの感覚が普通かと思います。

しかしなぜかテニスにおいて、「あーミスった!」と言っている人のほとんどは、それを何度も何度も繰り返しています。

それなのに試合に勝ちたい、勝てないんです・・・と相談してくる。

不思議だと思いませんか?

 

2.日本テニス界は、技術に自信過剰な人の集まり

あえて言わせて頂きます。

日本のプロ選手、学生、アマチュアの方々、全て自分の技術をかなり高く評価していると思います。

自分のテニス技術レベルが高く、客観的に観ればナイスショットでも、それが当たり前の自分の実力だと認識する。

実力通りのテニス、失敗を「ミス」という言葉で片付ける。

おめでたい話ですが、それで試合に勝てる訳が有りません。

勝てることもあるかも知れませんが、まず間違いなく、上のレベルの相手には自滅して通用しないでしょう。

 

3.10回打って9回成功する、その1回の失敗がミスであるという意識

ミスという言葉は、「イージーミス」であると認識しましょう。

意識を変えましょう。

その人のとっての「イージー」は、当然技術レベルにより異なります。

自分のショットの成功確率、自分でしっかり把握できていますか?

それがいつの間にか、自信過剰な設定になってはいませんか?

たまにしか入らないショット、試合で打つのはやめましょう。

 

試合に強い選手は、自分のことをよく知っています。

そしてショットの確率について感覚的に知っていて、「ミス」という言葉を発しませんし、感情も表に出しません。

試合に弱い人は、めったに入りもしないショットを打って、上手くいかずにそれを「ミス」だと言ってごまかす。

だから上達が遅いんです。

今回は少し厳しい内容になりましたが、アナタ自身、一度試合や練習での意識を見直してみて下さい。

そこから、道は拓けます。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

  2. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い

    今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  4. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる

    テニスの上達を、真剣に考えているみなさん。だったら、この意識を…

  5. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

    私は何度も、新しいことへの挑戦の必要性を書いて来ました。その中…

  6. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線
  2. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  4. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけ…
PAGE TOP