テニス サイト

その他

テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

皆さんが普段使っているスマートフォン。

せっかく多機能ですので、テニスの練習に活かせる道を探ってみませんか?

ちょっとしたアイデアで、活用の幅が拡がるはずです!

 

テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

 

1.テニスの動画を撮影する

何度も書いてきましたが、自分のテニスから眼を背けずに客観視することが上達への第一歩。

スマートフォンは動画が録画できて、いつでも見ることができます。

上手くいったイメージを繰り返し観ることで、テニスの上達のスピードも格段に上がります。

仲間に協力してもらう形で、とにかく恥ずかしがらないでやってみることが大切です。

 

2.練習で気付いたことを、その場でメモに残す

ノートに書くより早く、手頃です。

理想としてはメモ程度に残しておいて、テニスノートに後から書き写すようにすると最高です。

最近の学生の方、若い方はフリック入力で文字を打つのが早いので、練習の合間に活用できると効果的です。

 

3.LINEのグループを情報共有に活用する

部活にコーチの人やOBの人が来て色々教えてもらったけど、一部覚えていないことが・・・。

そんなときはグループ機能を活用して、情報をしっかり共有できるようにしましょう。

管理のポイントは、「投稿のルール」を決めてテニスに関することに縛ること。

プライベートな話は、別なグループで行うことで、メリハリの効いた情報連絡ツールになります。

大会の情報や、ふと気付いたことをすぐに共有できる場を作っておくと良いでしょう。

 

4.情報発信の場を作る

アナタ自身が本当にテニスを強くなりたい、深く関わっていきたいと考えるのであれば、いつまでも情報を「受ける側」にいてはもったいない。

ブログやTwitterで自分の考えやアイデア、テニスに対しての考えを発信していきましょう。

そうすることで、テニスについてより客観的に考えられるようになり、文章にすることで表現力が磨かれます。

テニスに求められる能力の向上にも、一役買ってくれるでしょう。

 

5.時には思い切って、スマートフォンから離れてみる

いつもあるもの、が近くに無いという感覚を味わうことができます。

一度スマートフォンから離れて、生活してみて下さい。

散歩でも旅行でも、通学でもOK。

きっと、アナタの精神が研ぎ澄まされるような感覚になるはずです。

便利なものは、残念ながら人間の能力を削いでいく。

環境を少し変えてみる、体感してみることも、テニスの成長には重要です。

 

少しの視点で、テニスに何でも活かせる。

実際に試して使ってみることで、意外な発見も多くあると思います。

今回紹介したアイデアも、まだほんの一部でしょう。

アナタとその仲間で、新しい活用方法、ぜひ探してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

    私自身、苦い経験があります。みんなが上手くなりたい、という想いが少…

  2. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

    昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。今年は5年ぶりに私も…

  3. その他

    都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを預けてみては?

    みなさんも、こんな経験無いですか?試合が終わって、都内で待ち合…

  4. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  5. テニス リターン
  6. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

    アナタは今、テニスをプレーしている方でしょうか。もしくは観戦を…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てな…
  2. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識し…
  4. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」…
PAGE TOP