テニス サイト

その他

テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

皆さんが普段使っているスマートフォン。

せっかく多機能ですので、テニスの練習に活かせる道を探ってみませんか?

ちょっとしたアイデアで、活用の幅が拡がるはずです!

 

テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

 

1.テニスの動画を撮影する

何度も書いてきましたが、自分のテニスから眼を背けずに客観視することが上達への第一歩。

スマートフォンは動画が録画できて、いつでも見ることができます。

上手くいったイメージを繰り返し観ることで、テニスの上達のスピードも格段に上がります。

仲間に協力してもらう形で、とにかく恥ずかしがらないでやってみることが大切です。

 

2.練習で気付いたことを、その場でメモに残す

ノートに書くより早く、手頃です。

理想としてはメモ程度に残しておいて、テニスノートに後から書き写すようにすると最高です。

最近の学生の方、若い方はフリック入力で文字を打つのが早いので、練習の合間に活用できると効果的です。

 

3.LINEのグループを情報共有に活用する

部活にコーチの人やOBの人が来て色々教えてもらったけど、一部覚えていないことが・・・。

そんなときはグループ機能を活用して、情報をしっかり共有できるようにしましょう。

管理のポイントは、「投稿のルール」を決めてテニスに関することに縛ること。

プライベートな話は、別なグループで行うことで、メリハリの効いた情報連絡ツールになります。

大会の情報や、ふと気付いたことをすぐに共有できる場を作っておくと良いでしょう。

 

4.情報発信の場を作る

アナタ自身が本当にテニスを強くなりたい、深く関わっていきたいと考えるのであれば、いつまでも情報を「受ける側」にいてはもったいない。

ブログやTwitterで自分の考えやアイデア、テニスに対しての考えを発信していきましょう。

そうすることで、テニスについてより客観的に考えられるようになり、文章にすることで表現力が磨かれます。

テニスに求められる能力の向上にも、一役買ってくれるでしょう。

 

5.時には思い切って、スマートフォンから離れてみる

いつもあるもの、が近くに無いという感覚を味わうことができます。

一度スマートフォンから離れて、生活してみて下さい。

散歩でも旅行でも、通学でもOK。

きっと、アナタの精神が研ぎ澄まされるような感覚になるはずです。

便利なものは、残念ながら人間の能力を削いでいく。

環境を少し変えてみる、体感してみることも、テニスの成長には重要です。

 

少しの視点で、テニスに何でも活かせる。

実際に試して使ってみることで、意外な発見も多くあると思います。

今回紹介したアイデアも、まだほんの一部でしょう。

アナタとその仲間で、新しい活用方法、ぜひ探してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

  2. その他

    テニスのストロークの安定感をアップする為に、「使ってない軸足ありませんか?」という問いかけは大事

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と左足…

  3. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を変えてみましょう

    学生やジュニアの大会では、1ポイント毎に「大声を出して相手を威嚇する」…

  4. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

    意外と、無意識のうちに「出来なくても、まぁ良いか」となってしまっていま…

  5. その他

    今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う

    実は私は昨日から、大阪で全日本ジュニアテニス選手権大会の観戦に行ってい…

  6. テニス メンタル

    その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなったということ

    試合に強い選手、というのはどういう選手か。それは自分にとって「…

特集記事

  1. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  3. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  4. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう
PAGE TOP