テニス メンタル

戦術

メイクショット、アタックショット

テニスの試合、この2つを自分の中でどう作っていくのか。

同じショットでも、試合の場面によって変わって来たりしますよね。

誰かに教わって身に付く、というよりは自分でしっかり考えることが大事。

まず、自分の中でこの2つの言葉を整理しておきましょう。

そして会話やテニスノート等、日常の中で入れていくこと。

今のはメイク、今のはアタック、という感じで、自分の中で分けて考えるということ。

まずはここから、ですね。

メイクショット、使えてる?

文字通り、ポイントを「作る」

テニスは、静から動。

止まっている状態から、サーブで両者が動き出す。

その中で、自分でポイントを作っていくショット、が必要になりますよね。

相手のバックを狙う、にしてもどういうボールで狙うのか。

そのショット自体でエースにならなくても、相手を崩してチャンスを引き出す。

こういうショットが、アナタ自身の中でどういうパターンがあるか、を考えてみましょう。

メイクショットに、必要なもの

相手を動かす、チャンスを拡げるショットに必要な要素。

これは、何でしょう?

私は、コントロール性と回転量だと思います。

良い「遅さ」を出して、自分が確実に準備出来るようにラリーしていく。

速いボールだと、相手を追い込めても自分が構えられない場合が多いですからね。

コントロール性を高める為にも、自分の中で少し遅いかな、というくらいのショットで良い。

それで相手を動かしていくことで、ポイントの流れを作って優位に進めることが出来ます。

「型」を覚えよう

相手が雁行陣なら?並行陣なら?

メイクショットを使えるコース、場面はある程度「型」が有ります。

アングルを使う、ストレートロブを使う。

キーワードは、相手に「触らせる」という部分でしょう。

あくまで、このショットでは「作る」ことに徹する。

コントロール性が高く回転をかけたショットで、相手を触らせる「型」を意識する。

どうでしょう、客観視出来ると上手くいくイメージが湧いて来ませんか?

アタックショットには、何が必要?

ボールスピードが、欲しい

相手をメイクショットで崩して、しっかりアタックする。

最後は、時間を奪って相手のオープンスペースを突いていくイメージで。

ここでは、やはりボールの速度は欲しいところ。

でも、ただ速いボールで決めよう、とするとミスの元。

アタックショットの大原則、を改めて確認しておきたいと思います。

小さなフォームで、センターを通す

速いボールは、なるべくネットの中心を通す。

センターストラップ付近はネットの高さが低いですから、速く低いボールを通過させるには絶好の場所です。

それから、小さいフォームでコンパクトに打つということも大事。

アタックショットですが、相手は返球して来るかも知れない。

バランスを崩して打ち終わっていては、決め切れないでしょう。

小さいフォームで「スパ―ン!」とセンターを狙う。

アタックショットのイメージは、これでいきましょう!

メイク、メイク、アタックのリズム

私が試合中に意識しているのは、このリズム。

メイクを2回、2つのショットで崩してアタックしていく。

そのアタックも、1度で仕留め切れなくても気にしない。

アタックが2回になることも覚悟しながら、小さくコンパクトなフォームで攻撃していく。

大事なのは、リズム。

メイク、メイク、と自分で2回崩すショットを打ちながら、自然と前に入ってネットを取れると理想的ですね。

上手い人のプレーって、このリズムがある。

みなさんも、意識次第ですぐにかわると思いますよ。

いきなりアタック、の人は勝てない

試合会場で、よく見るケース。

まだメイク出来ていないのに、アタックばかり。

サーブとリターンのショットから、アタックの意欲が強過ぎると上手くいかないでしょう。

入らなくなったら、もう厳しい。

アナタ自身のテニスに安定感をもたらすのは、メイクショット。

この精度を上げていければ、自然と勝率も上がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

    今回アンケートにお答え頂いた方の、ご自身のプレースタイルを拝見している…

  2. テニス 練習

    戦術

    どこかでスタイルを突き詰めないと、今年も中途半端なテニスに

    なりますよ、絶対に。みなさんは、全員が必ず良いモノを持ってい…

  3. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

    待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。…

  4. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう

    強い相手にリードを奪った時に、持っておきたい心理。それは、必ず…

  5. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  6. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  3. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  4. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  5. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる
PAGE TOP