戦術

チャンスボールを打ち込むのが苦手な方、意識したい5つのポイント

今回は、久しぶりにこのテーマで。

チャンスボールを打ち込む、これを苦手にしている方は多いと思います。

試合で勝つ為に、どういうスタンスで準備すれば良いのか。

技術的に、メンタル的に、今のアナタ自身のテニスを整理すれば、まだまだショットの精度は上げられる。

苦手意識を持っている方、ぜひ先入観を取っ払って欲しい。

そうすれば、もっともっと「試合」が楽しくなりますよ。

 
 

チャンスボールを、攻撃するということ

具体的に、どうするのか?

大事なのは、アナタ自身が納得すること。

納得して、自分の言葉として試合に持って行くこと。

これが出来れば、ビビって打てないということも無くなります。

今、アナタ自身のショットを少し変えれば良い。

変えるべきは、視点です。

ヒントは自分自身の中にある

攻撃が苦手、打ち込むのがビビる、という経験は誰しもがありますよね。

だからこそ、誤魔化してはいけない。

誤魔化さないでしっかりと自分の中で、「このニュアンスが、しっくり来るな」というのを探してみる。

ミスが多い自分を、ちょっとしたことで変えることが出来るかもしれない。

まずはそのイメージを、膨らませて欲しいんです。

言葉で技術は、変わります

コーチからのアドバイスではなく、自分で編み出した言葉で。

必ず、技術は変わります。

変わるからこそ、テニスは強くなる。

私の経験では、アドバイスではなく自分で言葉を見つけることで、変わる。

特に試合では、強くなれるでしょう。

今回も、全てが響かなくともご自身で「これかな」というのが見つかりさえすれば良い。

それくらい、気楽な感じで読んでみて下さい。



5つのポイントを、言葉にしてみると

1.相手を動かす

狙いは、これです。

打ち込んでいく、だけど結果的には相手を動かす。

強度だけを求めていくと、ミスも増えるし自滅してしまう。

相手を動かす、と考えると自分も楽になれますしね。

それに、多くの相手は動かされるだけでかなりショットの精度は落ちますから、大丈夫です。

2.深く打たない

チャンスボールを打ち込む、攻撃していく。

そこに、深さは必須?いや、そうでもないと私は思います。

深く打とうとするとアウトの可能性もあるし、そもそも下がっている相手には有効な手段ではない。

チャンスボールは、前に落としたりアングルショットで更に走らせる。

そうすることで、相手も「下がること」が難しくなるでしょう。

3.ショットは変えない

チャンスで打つショット、変える必要は無いでしょう。

いつも通りのショット、で良い。

何か特別なショットが必要!と思うから、ミスも増えるし自分を追い込んでしまう。

そんなに気負わなくても、見栄を張らなくても、大丈夫。

普通のショットで良いんです。

4.どこにバウンドさせるのか?

これだけ、しっかり意識します。

打ち込んで、相手コートのどこにバウンドさせるのか。

これだけに集中するから、ミスが減る。

それも、回転量をかけてバウンド後にボールが伸びていくようなイメージ。

バウンド地点をイメージすると、すごくコントロールが良くなるのでお勧めです。

5.攻撃の姿勢を見せる

これは、私がいつも意識していることです。

チャンス、隙があればしっかり攻める、という姿勢を相手に見せる。

これ、試合では大事です。

攻めて来ない相手は、やっぱり楽じゃないですか。

そうならないように、しっかりと相手にプレッシャーをかけられるように。

相手のミスが少ないなら、それはアナタ自身に「攻める」姿勢が足りないからでしょう。

   

言葉で自分のテニスを変える。

それは本当に、ふとした瞬間から可能です。

チャンスボールを打ち込む、技術だけ見つめ直していても、なかなか進展は見られないでしょう。

自分に合う言葉を探す、受け入れてみる。

そこからアナタ自身のテニスは、本当に変わり始めると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

    アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

  3. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある

    テニスの試合で勝つには、どうすれば良いのか。教わって来たテニス…

  4. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

  5. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  6. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
  2. ストローク

    片手バックハンド、打ち負けない為には?
  3. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ
PAGE TOP