ストローク

深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

試合の中で、相手のボールが深く入って来る。

このプレッシャーって、凄いですよね。

いつもなら打てる、だけど試合でプレッシャーがかかる場面で相手のボールが深いと、どこかで合わせにいくようなスウィング、になりがちじゃないですか?

こういう人は、発想を変えましょう。

もちろん、技術的な改革は欠かせない。

ですが、それよりも前に、大前提で「深いボールは難しい」と思い込み過ぎてはいないですか?

 
 

深いボールは、難しい?

慌てるから、難しいだけ

みなさん、慌てなくても大丈夫です。

深いボールだって、必ずコートにバウンドはします。

それがコート外であればアウト、になりますしね。

コートの内側にバウンドする、ということはどういうことか。

必ず、そこでパワーが吸収される、球威は落ちる。

この発想が、私は大事だと思っています。

テニスコートは、アナタの味方

特に、オムニコートは大事な味方。

相手のボールの勢いを、しっかり吸収してくれます。

いや、実際には深いボールは吸収した後も、球威がある状態で打たないといけません。

浅いボールに比べれば。

でも、まずしっかり一度、球威は落ちるんだと思っておくと、どうでしょう。

ちょっと、希望の光が見えて来ませんか?

合わせて打てるから、楽とも言える

試合で緊迫した場面、どっちが難しいでしょうか。

チャンスボールを、自分から打ちにいく。

相手の深いンボールを、合わせるようにして返す。

私は、どっちもそう簡単ではないと思いますよ。

深いボール=難しい、という偏った考え方だと、それはそのまま苦手意識、になります。

慌てずに、しっかり発想から変えていけば良い。

そうすれば、技術だって改革出来るんですから。



相手のボールが深い、その時アナタは…?

もう、アウト頼み?

になってはいませんか?

これでは、試合で勝てない。

相手のボールが深いと、「アウトしてくれ…」と思いながら、準備が出来ていない。

これ、無意識のうちにこうなっている人、本当に多いと思いますよ。

低い態勢で、丁寧さを出せば良い

私はいつも、まず重心を低くする。

そして、テイクバックの位置も少し低めにして、まず姿勢を良くする。

こうするだけで、何だか入りそうな雰囲気ありませんか?

実際に、合わせるだけで相手のボールの力を使えるので、返ります。

諦めないで、集中力を切らさない。

深いボールは、丁寧さを出すだけで実は返せるようになるんです。

もう一つ、大事なポイント

じゃあ、その深いボールをどうするのか。

打つコースまではコントロール出来ないにせよ、アナタ自身に「結論」が出ていないと、ミスになる。

深いボールを、「えーい、もうどうにでもなれ!」と思いながら打っている人、結構いますよね。

こういう人の打つボールは、どうにもならないです。

アウトするか、そもそもガシャってラケットにちゃんと当たらないでしょう。

なぜなら、結論を出すということを諦めているから、です。

   

深いボールを返すのが、上手い人は?

そもそも、感じている

「次、深いのが来そうだな」というのを、感じている。

どこかで、心の準備が出来ている。

深いボールが来たらこうしよう、というのを、自分の中である程度イメージ出来ているからこそ、しっかり対応出来るんです。

技術的にも大事なことはありますが、それ以上に、相手の雰囲気を感じること。

これが試合の中で出来ているかどうか、で結果は変わります。

ピンチのようで、実はチャンス!

相手のボールが深い、それを丁寧に返す。

ピンチのようですが、これは必ずチャンスにつながります。

相手は、丁寧に深いボールを返して来る相手に、もっと深く、強くと攻めて来るでしょう。

そうなれば、自然とアウトは増える。

しっかり深いボールを返せば、それだけで相手の脅威に成り得る。

それが、テニスという競技です。

下がり過ぎて、前を空けないように

みなさんの試合の中で、これをしっかり意識しましょう。

何度も書いて来ましたが、深いボールを脅威に感じて、下がり過ぎてはダメ。

相手の思うツボですし、強い相手は必ず下がったアナタ自身の前のスペースを使って来ますから。

とにかく、深いボールに下がり過ぎない。

下がっている時点で、アナタ自身がプレッシャーに負けている、深いボールに苦手意識があること、だと自覚して挑みましょう!



深いボールは、難しくない。

こうまずは思い込むこと、からスタートです。

雑にならない、試合で丁寧さを出す。

これだけで、アナタ自身は一味違う、優れたテニス選手になれるはず。

ぜひ、意識して普段の練習から深いボール、対応してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  4. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備に…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

    皆さんの周りには、「やたらと足が速くて、フットワークが良い選手」いませ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
  5. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出…
PAGE TOP