Q&A

Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか?」

今回は、男性大学生の方から。

サークルで活動して草トーナメントの試合に出ているとのことですが、ダブルスでのお悩みです。

前衛でのポーチで必要なのは、思い切って何かを「捨てる」という意識です。

 

Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか?」

 

■理由は明確です、「ストレートを捨てきれていない」からです

ポーチに対して、ほとんどの方が勘違いしていることがあります。

それは、「触れそうなボールが来たら、触る」と考えていること。

相手が打ってから動いていては、ほとんどのボールに触ることはできません。

ましてや上のレベルになるとスピードも上がり、結局ストレートケアをして1試合終える・・・ということになります。

大切なのは、「触る」意識ではなく、「今いる位置、ポジションを捨てる」という意識です。

 

■ストレートに打たれてこそ、一人前の前衛

ストレートを抜かれても、何も恥じる必要はありません。

アナタを意識して、相手の後衛は打ってきている訳ですから、それがまず第一歩なのです。

ストレートを捨ててポーチに出たけど抜かれた、というのであればそれは仕方ありません。

但し、アナタはこの「捨てる」という作戦を、ペアの後衛と事前に相談できていますか?

アレーに来るようなボールは仕方ありませんが、シングルスコートに入るようなボールは後衛がカバーできるはず。

クロスへのボールは前衛、ストレートへのボールは出来るだけ後衛が取る。

この形が、ポーチには欠かせません。

 

■ダブルスでのポーチは、「前衛だけで行う作戦」ではありません

ポーチは前衛の仕事、確かにそうですがそれを引き出すのは後衛の仕事です。

まずはクロスラリーでしっかりと押していくこと。

これが大前提として、重要となります。

相手は押されてくると、早い構えから「貯める」ストロークが打ち辛くなり、コースの変更が難しくなります。

そうなれば、前衛としてはこれを逃さない手はありません。

しっかり仕留めにいけるよう、思い切ったスタートを切りましょう。

 

ダブルスは前衛が面白い!

ポーチが思い切って出来るようになると、自分の中で相手をコントロールできる感覚ができ、ダブルスが楽しくなります。

ストレートを捨てて、思い切ったスタートを切りましょう。

「おいおい、いくら何でも早過ぎるよ・・・」と思われるくらい、一度部活や練習の中で試してみて下さい。

きっと世界が変わります!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  2. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

  4. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

    今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良い…

  6. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.2

    前回に引き続き、アンケートにて頂いたご質問にお答えしていきます。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    その他

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が…
  2. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない
  3. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  4. テニス 調子

    リターン

    「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝て…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
PAGE TOP