フットワーク

前衛の縦の動きは、相手にバレにくい

相手に気付かれないように、前衛で動いてポーチに出る。

まずはみなさん、縦の動きから意識しましょう。

どうしても、触りたい、出たいと思うと横に横に、と動いてバレてしまう。

上手い相手だったら、動きがバレた瞬間に抜かれてしまいますよね。

これを、どう防ぐのか。

相手にバレないように動く、そのキーワードは「縦への動き」です。

 
 

縦に動いても、人は気付かない

近付いても、気付かれにくい

実際に、イメージしてみて下さい。

相手の前衛が前に来るのと、横に動くの。

どっちがすぐに、気付くと思いますか?

明らかに、横への移動が発生すると、人は気付きます。

縦への動き、ちょっと近づいたり、逆に遠ざかったりするくらいなら、人は気付かない。

バレないで、上手くポジションを変えることが出来るんです。

縦のポジションを変えるだけで、全然違う

ものすごく、テニスでは有効です。

前衛がネットに近付くだけで、触れるボールも増える。

本当に?と思うかもしれませんが、やってみて下さい。

ポーチで触れない人は、横への動きが足りないと思いがちですが、その前にネットへの詰めが足りないケースがほとんど。

横にいくら動いても、ネットから遠い位置で触っても全然怖く無いと思いませんか?

このあたり、前衛は意識改革が必要なんです。

ロブの呪縛、から自分を解放しよう

みなさんを縛っているのは、きっとこれです。

「前に詰めたら、ロブを打たれるんじゃないか」という呪縛。

もちろん、その可能性はあります。

でも、私からするとバレないで打たれない可能性の方が高い、と思いますよ。

そもそも、そこまでロブを使わない選手も多いですからね。

打って来ない相手に、警戒してビビってどうする?という話です。

それよりも、前衛として前に詰めてプレッシャーをかける。

バレないように前に詰めて、シンプルなポーチを完成させた方が効果的です!



キーワードは、低い態勢!

低い態勢なら、よりバレない!

みなさんに、もう一つコツをご紹介。

前衛で立っている時に、少し低い態勢を作りましょう。

そうすると、前に詰めても相手にバレにくい。

頭の位置がブレたり、伸び上がったりしていると、相手も勘付きます。

ひっそり、しかしハッキリと前に詰める。

これが出来る前衛は、腕を伸ばすだけでポーチに触れてしまう、ナイスプレーが出来るんです。

出来るだけ近い位置から、スタートしよう!

ポーチの大原則、ですよね。

大きく動いてポーチ!ってなかなか成功しない。

上手い人は、相手が打つ前に出来るだけ近い位置、からスタートしている。

動く範囲を、凄く小さく、コンパクトにしているからミスが少ない。

もう、打った瞬間にほぼ、そこにいる感じですから。

ラケット面を作るだけ、でポーチが完成する。

これを可能にしているのは、バレないで前に出ておく、という縦の動きです。

低い態勢で、低く速いボールにも対応

実際の試合では、ポーチってチャンスを決めるボールではない。

むしろ、相手のナイスショットやナイスリターンを、封鎖する役目じゃないですか。

だから、低い態勢だと良い。

動きがバレないだけじゃなく、しっかり速く低いボールにも対応出来ますから。

こういうボールをしっかり、止めてこそ使える前衛ですからね。

バレないだけでなく、速く低いボールへの安定感もアップする。

これこそ、まさに勝てる前衛のプレーです。

   

必要なのは、大胆さ

バレないように、だけど…

良いんです、バレても。

当然、最後はバレる訳ですから。

「うわ!前にいたのかよ…」と相手が打った直後にバレる、のが理想ですが。

大胆にいきましょう、ここは。

もし相手にバレても、気にしない。

バレないように、縦の動きを入れていく訳ですが、バレることを恐れてはいけない。

じゃないと、動き自体が小さくて物足りない感じになりますよ。

バレたらバレたで、相手へのプレッシャーになる

打つ直前に「前にいるな!」と気付かれても良い。

バレても、それが相手のプレッシャーになりますから。

ここで遠慮したり、大胆さを欠くことの方が私は怖いです。

ネット近くに動く、相手が打つ前が勝負。

みなさんの決意、判断が勝負ですよ。

みなさんが決めれば、決まる!

何より、決断が大事です!

みなさんが決めて、縦に動くと決める。

先回りする感覚で、ネットに詰めておくことが大事です。

どんなに必要性を私が訴えても、動かないと変わらない。

たまにはロブを打たれて、失敗しないと始まらない。

ぜひ、次の練習や試合でトライしてみて下さい。



効果的かどうかは、やってみれば分かります。

縦に詰める、横には少しの動きで良い。

対雁行陣では、このポーチで充分に相手の脅威になります。

ロブを恐れない、先に決めて動く。

試合では、これでいきましょう!



3月22日(金) T-PRESSセミナー 参加者募集中!

今回のテーマは「試合に勝てる、スマッシュとロブの使い方」です。

プロトレーナーや特別ゲストもお招きしてのトークセッション、も開催予定ですのでご興味がある方はぜひコチラから概要をご確認下さい!

宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  2. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心…

  4. テニス ストローク
  5. フットワーク

    ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

    冷静にストロークラリーしていると思ったら、ワイドに追い出されると・・・…

  6. テニス リターン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分でコントロール出来ていないファーストサーブ、入ってもポイントにつなげられます…
  4. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」に…
  5. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない
PAGE TOP