テニス センス

メンタル

馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。

ニュースもそうですし、身の回りの噂話もそう。

自分について何か言われることもあれば、関係ない人の話で感情的になる人も多い。

私は、何が良い、悪いというつもりはありません。

ですが、テニスのアドバイスにしてもそうですが、受け止め方の違いで人は大きく変わる、というのは事実でしょう。

みなさんも、少しだけ自分の感情を思い出して、読んでみて下さい。

 
 

「馬鹿にされた」と、感じること

私もあります

テニスだけじゃなく、生活している中でもあります。

感情の起伏は小さい方ですが、「あ、この人確実に人を馬鹿にしてるな…」と、思うことはあります。

でも、それだけ、ですね。

そこで怒ってもしょうがないし、相手を変えることは出来ない。

ただ、何事も「自分が馬鹿にされた!悔しい!」だと、しんどいと思うんです。

もちろん、悔しい時は本当に悔しい、で良いんですけど。

刺激をもらった、と思えたら

最近も感じるんですが、人の言葉って受け止め方で変わる。

馬鹿にされた、と思うようなことでも、後から考えると「刺激をもらった」と思えるようになる。

スポーツの世界だと、こういう人多い気がします。

何か言われたその瞬間は、「何だよ!馬鹿にして!」と思うんですが、よくよく後から考えると「良い刺激をもらえた」と思えるようになる。

この差、はすごく大きいと思いますよ。

後から気付く、ことが大事

その瞬間は、何か感情的になっても良いんです。

後から、気付けるかどうか。

「これは、自分にとって良い刺激なんだ」と、思えたら強い。

それは、誰も教えてくれないし、指導もしてくれない。

本当に、自分次第なんですよね。

後から気付く、思い出したくないことでも、思い出して考えてみる。

テニスを続けているみなさんにも、必要な視点だと思います。



実は2つは、近しいもの

馬鹿にされないと、刺激にならない

本当に自分にとって、刺激になること。

それはもしかしたら、相手は自分のことを馬鹿にするくらい、ハッキリ言ってもらうことが大事なのかもしれません。

そういう時って、心に響く。

なぜなら、自分の中でも「そうかもしれないな」と、どこかで思っているから。

図星だから、辛い。

馬鹿にされるくらいじゃないと、刺激って起こりえない。

私は経験上、これを感じています。

腹を立てるなら、自分に対して

自然とこうなるはずです。

腹を立てるのは、自分に対して、になってくる。

最初は言われた人、に対して感情的になっても、気付くタイミングがあるはず。

自分の不甲斐なさに気付いた人から、テニスもたくましくなっていく。

これが、本当の刺激ですからね。

こういう機会が無い、方が辛いことなんです。

刺激は、自分の中で生まれるもの

人からもらうもの、ではありません。

自分の中で、生まれるもの。

それは本当に、耳の痛い話から、がほとんどです。

馬鹿にされたと思うようなところから、自分自身に火が付くかどうか。

刺激に変えていける人は、どんな時でも成長していけるでしょう。

馬鹿にされたと思い続ける人は、損してしまう。

テニスを続けていれば、その分かれ道ってあると思うんですよね。

   

言葉の力って、凄いなと。

まだ、いまだに覚えている言葉、刺激になった言葉って、覚えてますからね。

テニスを続けていると、楽しいことばかりじゃないですよね。

酷いことも言われるし、辛い経験もある。

だからこそ、大事なのはアナタ自身のスタンスです。

刺激に変えること、それも大事な実力です。

まぁ、本気で馬鹿にしてくるような相手とは、付き合わないことが一番。

無理はせず、でも刺激を求めていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

    テニスの試合、何が面白いのか・・・。私は技術的なこと、よりも戦…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  6. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
  2. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  3. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  5. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく
PAGE TOP