テニス 部活

日々の雑記

自分探しの旅、テーマはテニスで

最近、考えていることがあります。

旅に出たい、と。

旅と言っても、私のテーマはただ一つしかありません。

そう、テニスです。

みなさんも、今年のゴールデンウィークは長いですし、どうでしょう。

自分探し、自分のテニスを見つめる旅、に出てみませんか?

 
 

テニス、を一つの軸にする。

私は、これがすごく大事だと思っています。

自分探しの旅?

そういう旅は、生涯終わらないし、結局何も見つかりません。

私たちには、テニスがある。

新しいテニスを見る、触れる、というだけでも、刺激を得てまた頑張ろうと思える。

これは、私の経験上すごく大事なこと。

転機なんて、待っていても訪れないですよ。

ぜひ、みなさんも時間を作って、「外の世界のテニス」に触れる時間を作って欲しいんです。



私自身、きっかけとなった旅はいくつかあります。

高校時代、広島から新幹線で神戸に行き、あるメーカーイベントに参加したこと。

初めてプロと打ち合ったり、高校トップレベルのテニスに触れることが出来ました。

行きも帰りも、自由席で立ちっぱなし。

でも、かけがえのない経験だったと思います。

大学に入り、2002年には韓国に行きました。

プサンでアジア大会を観戦し、韓国体育大学のテニスコートを見たときは衝撃でした。

ハード、クレー、両方の綺麗なコートがあって、最先端の技術での指導がされている。

「本物のエリートって、こんな感じなんだ!」と、ワクワクしたのが昨日のことのようです。

こういう経験が、今の私を形作っている。

怖いもの見たさ、ってあるじゃないですか。

それを見た時の刺激、衝撃、ショックを受けた後の自分の練習。

それこそ、みなさんの財産になるはずです。

   

せっかく旅をするなら、何かテニスにかこつけてみる。

遠くの場所で草トーに出るのも良いし、小さい大会を観戦するのも良い。

テニス以外のスポーツ、でも良いと思います。

新しい経験を、掴みにいくということ。

本物、に触れるということ。

それが何より、私は大事だと思っています。

このT-PRESSだけでは、刺激は足りないはず。

もっともっと、リアルな刺激を求めて。

ぜひ、みなさんも今年はたくさん、旅に出てみて下さい。

それがアナタ自身の強さ、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…

    先月も、色々な出会いがありました。特に印象的だったのは、今年…

  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  3. テニス 準備

    日々の雑記

    悩める歓び、感じよう

    今年も12月。なんだか一気に師走な感じが出て来て、どこか世間も…

  4. テニス 打点

    日々の雑記

    素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い

    それにしても・・・みなさんのアンケートを読んで頂いていて感じたのですが…

  5. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

    大学を卒業してから、約2年間くらい、テニスコーチをしていた時期がありま…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」というみなさんへ

    アンケートにご協力頂いたみなさん、ありがとう御座いました!回答…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  2. サーブ

    サーブは指先の神経が大事
  3. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
  5. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイン…
PAGE TOP