戦術

足し算から、引き算へ

テニス歴が、長いみなさんへ。

色々なことを経験し、吸収して来たけど行き詰まっていると感じている方は、少しだけ立ち止まって考えてみましょう。

何を、自分自身はこれから目指すのか。

全てを上に、上に足していくだけでは、もう強くなることは難しい。

勇気を持って、引き算で考えていく時期、じゃないでしょうか?

私は、今の自分を考えた時に、そう思うんです。

削ぎ落していく勇気、も大事ですよ。

 
 

やらないこと、を作る

何でもやれば良い?

テニスの技術って、そうじゃないですか。

意識すること、準備することは確かに多い。

でも、それが全て足し算で、合計値が大きくなるとは限らない。

最初の頃は、そうだったと思います。

足し算が楽しかったし、上達が感じられた。

でも、今はそうじゃないと思うんですよね。

アドバイスで頭が混乱する人は

まず、整理しましょう。

例えばストロークの準備にしても、身体をタ―ンさせてテイクバック、足はどうセットして打点はどうで、フォロースルーは…なんて、頭がパンクしますよね。

どこかで、何かに集中しないと。

だからこそ、しっかり自分で「引き算」をすることが大事なんです。

何もかもを足していく、ことは難しい。

そう考えてシンプルにすること、が大事なんです。

癖を直すって、要は引き算

私は、テニスの癖を直すことも引き算だと思っています。

シンプルにする、ことで効率化する。

何となく、「止める」って勇気要りますよね。

今までの自分じゃなくなる、みたいな感じもしてしまう。

でも、癖を直すということは、何かを「止める」ということ。

私たちに今必要なのは、何かを削ぎ落すことかも知れません。



言葉はシンプルになることで、強くなる

やらないこと=やること、にもなる

最近私が意識しているのは、「ロブを落とさない」ということ。

そうすれば、特にダブルスの試合では強い。

でもこれは、「落とさない」という言葉ですが「必ずスマッシュかハイボレーを打つ」ということ、になります。

何かを止めるって、楽な道じゃない。

同時に、何かをやり続けること、になる訳ですから。

言葉をシンプルにすれば、強くなる

でも、どっちの言葉が強く、響くか。

私は、「何かを止める、やらない」という方が強く響くことが多いです。

「ファーストサーブを入れる」ではなく、「セカンドサーブを打たない」という言葉の方が響く。

そうすれば、削ぎ落しながら自分のテニスはシンプルに、だけどアグレッシブになっていく。

どうでしょう、ちょっとしたことですけど、意識変わると思いませんか?

引き算で、積極的に!

何かを止める、引いていくことで、消極的になっては意味が無い。

むしろ、やることが明確になってより積極的になる方が望ましいですよね。

足し算ばかりだと、人は委縮します。

やることが多いと、それだけで失敗が怖くなる。

そんな自分に、気付くこと。

全ては、そこから始まりますから。

   

お勧めの意識の方法

アドバイスをまとめてみる

「これは、実は同じことなんじゃないか?」

ということ、ありませんか?

みなさんが受けるアドバイス、何個もあるけど実は近しいモノ、は必ずあるはず。

だけど、それに気付けるかどうかはアナタ次第です。

「テイクバックを早く」と「上半身をターンさせる」、なんかは近い感じですよね。

どっちかのアドバイスに絞って、実践してみるだけでかなり違います。

自分で言葉を見つけよう

コーチの言葉を、足し算で考えない。

自分で受け止めて、自分の言葉に変えれば良いんです。

「これは、要はこういうことか」と。

何個かをまとめて、自分が動きやすいように変えていく、それこそ練習です。

アドバイスをそのまま実践するなんて、なかなか無理ですよ。

そのコーチ自身の感覚、を言葉にしているだけですからね。

全ては、試合からの逆算

そこで、意識して欲しいこと。

「これは、試合の現場で使えるのか?」ということです。

皆さんは、緊張感のある試合の中で、生きていく。

だからこそ、練習の中から引き算をして、「試合向き」な自分を作っていかないといけないんです。

これが、逆算。

試合を常に意識して、引き算をして自分をカスタマイズする。

練習から、意識していけば強くなります、絶対に。



引き算って、怖いんですよ。

やらないことを決めると、何かが崩れていきそうで…でも、どうでしょう。

一度崩れても、大丈夫ですよ。

それよりも変な癖が重たくなり、アドバイスで混乱している人の方が危険。

みなさんは、その鎖を自分でほどけるはず。

ぜひ、引き算意識してみて下さい。


★読者アンケートご協力のお願い

現在、テニスの動画とプロ選手に関するアンケ―トを実施させて頂いております!

数分で終わるアンケートですので、ぜひみなさんご協力をお願いします。

→アンケートはコチラから

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる

    試合における、みなさんの武器は何ですか?私は、「大したことな…

  2. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  3. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  4. テニス テニスノート

    戦術

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

    テニスの試合は、サーブかリターン。必ずこの両方、でスタートしま…

  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
  2. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  4. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  5. ロブ

    相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる
PAGE TOP