テニス メンタル

日々の雑記

身近になれば、それは掴める

改めまして、大坂選手おめでとう御座います!

という声、みなさんの周りでもたくさん聞こえて来てますよね。

普段あまりテニスを観ない人からも、なぜか自分が祝福されているような感じがして、幸せな気持ちになれた週末でした。

それにしても、2大会連続でのグランドスラム制覇、しかもシングルス、これは凄いことですよね。



みなさんも、小さい大会でも経験して来ているはずです。

2回目に勝つのが、難しいということを。

これは、本当にそうです。

ましてや、世界トップレベルでは研究されるスピードも速い。

昔以上に、今では高速でAIが各数値を分析して来ますし、トレーニングも何もかもが、正確で速い。

それを、大坂選手が全て受け止めて勝った、そんな大会だったように思います。

これは本当に、もの凄いこと。

私たちも、勇気をもらうだけじゃなくて行動に変えていかないといけない。

それくらい、強いメッセ―ジのこもった大会だったように感じました。



対戦相手のクビトバ選手も、準優勝にふさわしい、奇跡的なカムバックでしたね。

みなさんもご存知の通り、彼女は辛い経験を糧にして、またテニスコートに戻って来ました。

こういう相手に勝つ、というのは本当に至難の業です。

なぜなら、勝利とはまた別の価値を見出し、テニスが出来ることへの感謝、自分への希望を抱きながら試合が出来ているから。

対戦相手としては、真の強さを持っていた相手、それに対して勝利出来た大坂選手は本当に凄い。

これから、どんな成長曲線を描いていくのか。

私たちも、今回の件を通じて意識したいポイントがあります。



今まで、私たちにとってグランドスラム制覇って、とても遠い存在だったと思います。

日本人にとって、ましてや連覇なんて遠い存在でした。

でも、大坂選手がそれを打ち破ってくれた。

これが意味するところは、非常に大きいと思います。

「意外と、やれるもんだよ」というのを、見せてくれている。

身近になった、と言えば語弊があると思いますが、それでも「やって出来ないことは無い」と。

夢を与えてもらう、以上に何か現実的に「出来るんだよ」というのを見せてもらっているように感じます。

「いや、それは世界トッププロの話だし、自分は違う…」と思う方も、多いと思います。

でも、これは常に、みなさんの周りでも起きていることでしょう。

仲間の誰かが、壁を突破していく。

市民大会の予選を通過したり、A級に昇格したり、大会で結果を出す。

それを本当に刺激と受け止めて、頑張れるかどうか。

戦う世界は違いますが、私は一緒だと思いますよ。



だって、あんなにメンタル的に弱そうで、試合中に泣いていた彼女がここまで強くなれたんですから。

人は、変われます。

何度でも、何歳でも、変われます。

そう、私たちにはテニスがあるので、それが出来るんです。

目の前で起きていること、ただ嬉しいと喜んでいるだけじゃもったいない。

大坂選手だって、私たちのテニス仲間だと思えば良いじゃないですか。

よし、自分もやってやろうと。

そう思えること、大事な才能です。

私自身も、たくさんの刺激をもらいましたので、これからもっと頑張ります。

そして、結果を出してみなさんに強くなってもらう。

負けないように、頑張ります!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス トレーニング

    日々の雑記

    先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる

    何事も、新しいことって否定されがち。テニスもそうですけど、仕…

  2. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  3. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

  4. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要

    未来の高校生の、肩を守る。こういう背景もあり、高校野球ではピ…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!そろそろ年始、み…

  6. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整

    今回は、少し重たい話題になります。あえて書かないと、と思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  3. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
PAGE TOP