メンタル

綺麗に決めている相手、本当は…?

テニスの試合を観ていると、綺麗に決まるポイントも多い。

プロ選手の試合では、ラリーの中でもノータッチのポイントがありますよね。

私たちの試合では、少し少ないかも知れませんが、それでもナイスショットは決まる。

じゃあ、決めている方は、どうなのか。

ナイスショットを打って、良い気持ち?

みなさんも、経験があるはずです。

必ずしも、気持ち良いだけじゃないと思いますよ。

 
 

決めているけど、危機感はある

良いショットが決まった時は…?

バシッと、良いショットが決まる。

ボレーでもストロークでも、その瞬間は気持ち良いんです。

でも、本当に一瞬だけですよね。

私たちは、試合の怖さを痛いほど経験してきてますから。

良い感じのショット、が打てると、ついそれをまたやりたくなる。

打ちたくなってしまう、のが人の常ですから。

良いショットは、繰り返すんじゃなくて…

繰り返そうと思っても、ミスが増えるだけ。

相手も警戒して来ますからね。

良いショットは、繰り返そうと思わず、活かすと考える。

良いショットを警戒している相手に、別な手段を見せていくこと、が大事です。

そうすれば、よりプレーの幅は拡がるし、結果的に戦いやすくなるはずです。

良いポイントの後にこそ、危機感を持つこと

私の感覚では、相手の形相が変わります。

良いポイントの後って、すごく相手がやる気を出す。

負けん気に火が付く、とでも言いましょうか、エンジンを入れ替えてくるような感じになるんです。

格上相手なら、特にそうですよね。

良いポイントの後こそ、自分に危機感を持つ。

そうすることで、試合に勝てる確率は高くなるでしょう。



だから相手が綺麗に決めても、問題無い

気持ち良くはない、ということ

決めている方だって、気持ち良くはない。

危機感はあるし、もしかしたら自分が狙った以上に良いところ、に入っているのかも知れない。

こういう考え方が持てると、ネガティブな思考になりにくい。

ただ相手に決められて、落ち込んでいるだけでは相手とつけ上がらせるだけ。

意識を変えるだけで、相手の得点に対する姿勢を変えることが出来るんです。

相手の表情、をよく見よう

ポイントの後に、相手の顔をよく見ること。

ビックリしているのか、冷静なのか、その雰囲気を感じることが大事。

失点して、すぐに天を仰ぐような人がいますけど、もったいない。

失ったポイント、から何かを得ることが大事。

私はいつも、「決めた方だって、辛いことが多い」と考えて観察している。

だからこそ、自分を勇気づけることも出来るんです。

みなさんは相手を、騙し続けよう

ナイスショットでも、あくまで冷静に。

表情を変えないくらいの意識、で試合の本番は臨む。

みなさんは相手に、自分を隠し続けることが大事です。

得点した後も、喜んでいる場合じゃないです。

予定通り、いつも通りのポイントであることをアピールする。

相手が決めても、自分が決めても、やるべきことはシンプルで明確です。

   

決めてもメンタルが安定する、そんな選手は?

決めようとして、決めない

綺麗なショットで、ポイントを決める。

テニス選手なら、憧れますし、やりたいですよね。

でも、強い選手は何も決めようとしていないし、ラリーは続くと考えている。

あくまで、結果的に決まるだけ、なんです。

この意識を、みなさんもぜひ強く持ってみて下さい。

決めようとして決めるのは、危ない

どっちに転ぶか、分からないようなショット。

これが結果的に、綺麗なナイスショットになるようでは危険。

打っている本人も、どこかで気付いてますけどね。

「今のは決まったけど、次は怖いな…」と。

そうなると、大事なポイントではビビってしまう。

決めようとして決めても、それは危ない。

だからこそ、決めようという意識はテニスでは危険なんです。

つまりは、気にするなということ

相手に決められても、気にしない。

冷静に、相手がどういうスタンスでそのショットを打ったのかを見極める。

落としたポイントは、嘆かない。

だって、相手だって辛そうかもしれないから。

試合って、そういうものでしょう。



綺麗なショットを決められても、気にしない。

しっかりと自分の意志で、綺麗に決められたポイントをしっかり受け止めることが大事。

辛いことばっかり?

いや、試合に勝った後に、しっかり歓びを噛みしめましょう。

それまでは、相手も自分もしんどい。

テニスの試合は、そういうものですから。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

    試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?

    テニスの試合のほとんどは、セルフジャッジ。この中で、アナタ自身…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

    「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」「どうしてもメンタ…

  6. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出来る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー
  2. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?
PAGE TOP