サーブ

サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。

これを考えたときに、自分の中で結論が出ているとハッキリしたプレーが出来ます。

サーブ&ボレーが苦手な人は、どこかサーブに迷いがある。

迷いがあるから、安定感が欠けていく。

そして試合でやらなくなって、苦手意識が大きくなる。

必要なコツさえ理解出来れば、サーブ自体を変えていける。

そうすれば、良い流れでプレー出来るようになるはずです。

 
 

サーブ&ボレー、の狙いは?

甘いリターンを許さない

相手がただつないで来る、ポワーンと返すボールを許さない。

前に詰めて、相手に「違うショット」を打たせることが大事。

今回の錦織選手、を観ていても感じますよね。

シングルスの試合でも、サーブ&ボレーを入れていくことで相手はすごく変化を求められる。

スライスリターン、は打ち辛くなりますから。

こういう考え方、は一般の私たちの試合でもすごく大事です。

プレッシャーをかけ続ける

リターンって、やはりプレッシャーがかかりますよね。

ただでさえ緊張する、ところに更にプレッシャーをかけていくことがサーブ&ボレーの狙い。

躍動する感じを相手に見せる、ことで「強そう」と思わせることも出来ますからね。

リターンを伸び伸び打たせない、為に何が出来るのか。

前に出ること、出続けること、が私は大事だと思います。

サーブを分けよう!

私からの提案、はこれです。

サーブをハッキリ、分けること。

ステイする、そのままベースラインでのプレー用のサーブと、前に出る、サーブ&ボレー用のサーブ。

そこまで、大きく変える必要はありません。

いくつか、私が試している事例をまとめてみますので、少しずつ試してみて下さい。

その中で、「これは使えそう」というものを選んで採用してもらえたら嬉しいです!



サーブ&ボレー用のサーブのコツ5つ

1.下まで振り下ろさない

ラケットを、上で打ち終わる。

下まで振り下ろさないで、打った後そのまま自分の胸の前にラケットをセットする。

こうすることで、前へ走りやすいし次への構えも早くなります。

ベースライン用のサーブよりも、小さく打ち終わって腕が下までいかないように。

コンパクトなサーブで、前に出ていきましょう。

2.回転を多めに

サーブ&ボレー、のサーブは回転量が多い方が良い。

自分が打って、相手が触るまでに時間があると、前に出る時間が作れますからね。

フラットサーブでサーブ&ボレー、現実的ではありません。

スピンかスライスか、で回転量多めのサーブを意識してみて下さい。

3.トスは低め

低めのトスだと、前に出やすい。

トスアップも前で、低めのトスに対して自分からキックしていく、打ちにいく。

高いトスだと、前に出る雰囲気を出し辛いんですよね。

通常より少し低め、にトスを調整出来ると、サーブ&ボレーはやりやすいです。

4.セカンドサーブを2回で良い

と、私は思っています。

なぜなら、ファーストサーブが入らないとサーブ&ボレーは疲れます。

前に出て、また戻って次はセカンドで・・・なんて、繰り返すのは辛い。

最初から、少し威力を落としてセカンドサーブ、で良いと思いますよ。

とにかくサーブのやり直し、が嫌なんです。

リズム良くサーブ&ボレーを進めていくのに、ぜひ意識してみて下さい。

5.ファーストボレーまで、集中

あまり先のことは、考え過ぎない。

まず、ファーストボレーまで集中する。

そうすれば、良い流れでセカンドサーブまで入っていける。

ファーストボレーまで集中して、そこまでは変なミスをしない。

それだけで、かなりポイント獲得率は上がるはずです。

   

「上手い人」の技術じゃない

やったもん勝ち、です

実際、しっかりやり切ることが大事。

やったもん勝ち、なんですよ、実際は。

上手い人の技術、だけだと思っているとすごく損。

やらないと身に付かないし、実際にサーブ&ボレーをしている人の気持ちも分かる。

だからこそ、初中級者の方ほどトライして欲しいんです。

華麗に決める必要、無し!

泥臭くいきましょうよ。

試合では、サーブ&ボレーで綺麗に決まるポイントなんて少ない。

相手のミスだったり自分のミス、になることも多い。

一発抜かれても、また工夫して出れば良い。

華麗に決めようと思うと、サーブから力んでしまいますからね。

練習からどんどん使って、感覚を養っていきましょう。

大事なのは、アナタが決意すること

やろう、やってみようと決めること。

決めればサーブも割り切って、分けて考えることが出来る。

出来そうにないから、止めておこう、という人がほとんどだと思います。

ましてや、シングルスの試合ではどう使って良いのか、分からないですよね。

最初から、分かっている人なんていません。

やりながら気付いて、発見していくんです。

まずはサーブ、ここをしっかり意識して改良していきましょう!



サーブを変えることに、抵抗がある人も多いでしょう。

本当に、少しで良いと思いますよ。

少し変えるだけで、自分は「サーブ&ボレーでいくんだ!」という決心も付きますからね。

ぜひ、今年は一緒に挑戦していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. サーブ

    パートナーのサーブを、いかに盛り上げていくか

    これ、大事です。みなさんも、ダブルスを組んでいて何だか気持ち…

  2. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  4. テニス サーブ
  5. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

    1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。プロの試合では、ほ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?
PAGE TOP