ダブルス

「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレーで押し込んでくる。

深くて鋭いファーストボレーへの対策が無いと、ポンポンと簡単にキープされて試合は終わってしまいます。

良いテニスには、具体的な対策が必要。

ダブルスでの戦い方を、拡げていきましょう!

 

「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

 


 

■リターンから前に入って自分もボレーで応戦する

リターンダッシュは有効な手段です。

沈めるボールは速くなくて良いので、相手にネットより低い位置でボレーさせるようにしましょう。

その際には味方の前衛にも一声かけておいて、「2人で」チャージするのが基本です。

相手のファーストボレーはストロークで応戦するよりも、ボレーに切り替えたほうがポイントを獲りやすい可能性が高いです。

■早めにリターンをストレートへ散らして、サーバーの意欲を削ぐ

クロスへリターンが偏ると、サーバーはノリノリになってきます。

試合の序盤、早い段階でストレートへどんどん散らしていきましょう。

ロブを用いるとサーバーの人がカバーに走る必要がありますので、意識を散らすのにとても有効です。

テニスはリズムが重要なスポーツ。

相手をいかにリズムに乗せないかが、ダブルスでは特に重要な要素です。

 

■味方の前衛が、相手のファーストボレーにしっかりとプレッシャーをかける

ファーストボレーを楽に打たせてしまうのは、前衛の仕事が足りないからです。

リターン側の前衛の最初の大きな仕事は、この相手のファーストボレーをポーチで狙うこと。

よくネットから遠い、サービスライン付近で待っているだけの選手がいますが、これでは相手のプレッシャーになりません。

サーブがよほど良いと、確かに下がる必要がありますが、リターンがしっかり沈んでいるのであればどんどん前に入って、サーバーにプレッシャーをかけましょう!

 

■センターへのサーブは思い切ってチェンジプレーを仕掛ける

相手のサーブがセンターに入って、クロスへのリターンが沈められるようであれば、思い切って前衛とチェンジプレーをしかけていきましょう。

クロス方向へのファーストボレーは前衛が必ずポーチに出る、ストレートに流してきたら、後衛がしっかりカバーする。

このプレーは、成功しなくても良いんです。

相手に「ダブルスの作戦、しっかり練習してるな・・・」という印象付けができればOK。

こういう動いてくる相手は、上のレベルの選手であればあるほど、嫌なものなのです。

 

リターン側も、ダブルスですので必ず2人でサーブをブレイクしていく意識を持ちましょう。

サーブが良い、ファーストボレーが上手い相手であればなおさらです。

自分たちが格上のペアと対戦したときに、どういう手数を持っているのか、改めて確認してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  3. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。そ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
  2. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  3. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  4. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
PAGE TOP