ダブルス

「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレーで押し込んでくる。

深くて鋭いファーストボレーへの対策が無いと、ポンポンと簡単にキープされて試合は終わってしまいます。

良いテニスには、具体的な対策が必要。

ダブルスでの戦い方を、拡げていきましょう!

 

「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

 


 

■リターンから前に入って自分もボレーで応戦する

リターンダッシュは有効な手段です。

沈めるボールは速くなくて良いので、相手にネットより低い位置でボレーさせるようにしましょう。

その際には味方の前衛にも一声かけておいて、「2人で」チャージするのが基本です。

相手のファーストボレーはストロークで応戦するよりも、ボレーに切り替えたほうがポイントを獲りやすい可能性が高いです。

■早めにリターンをストレートへ散らして、サーバーの意欲を削ぐ

クロスへリターンが偏ると、サーバーはノリノリになってきます。

試合の序盤、早い段階でストレートへどんどん散らしていきましょう。

ロブを用いるとサーバーの人がカバーに走る必要がありますので、意識を散らすのにとても有効です。

テニスはリズムが重要なスポーツ。

相手をいかにリズムに乗せないかが、ダブルスでは特に重要な要素です。

 

■味方の前衛が、相手のファーストボレーにしっかりとプレッシャーをかける

ファーストボレーを楽に打たせてしまうのは、前衛の仕事が足りないからです。

リターン側の前衛の最初の大きな仕事は、この相手のファーストボレーをポーチで狙うこと。

よくネットから遠い、サービスライン付近で待っているだけの選手がいますが、これでは相手のプレッシャーになりません。

サーブがよほど良いと、確かに下がる必要がありますが、リターンがしっかり沈んでいるのであればどんどん前に入って、サーバーにプレッシャーをかけましょう!

 

■センターへのサーブは思い切ってチェンジプレーを仕掛ける

相手のサーブがセンターに入って、クロスへのリターンが沈められるようであれば、思い切って前衛とチェンジプレーをしかけていきましょう。

クロス方向へのファーストボレーは前衛が必ずポーチに出る、ストレートに流してきたら、後衛がしっかりカバーする。

このプレーは、成功しなくても良いんです。

相手に「ダブルスの作戦、しっかり練習してるな・・・」という印象付けができればOK。

こういう動いてくる相手は、上のレベルの選手であればあるほど、嫌なものなのです。

 

リターン側も、ダブルスですので必ず2人でサーブをブレイクしていく意識を持ちましょう。

サーブが良い、ファーストボレーが上手い相手であればなおさらです。

自分たちが格上のペアと対戦したときに、どういう手数を持っているのか、改めて確認してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  5. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはま…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  3. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  4. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと
  5. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない
PAGE TOP