その他

テニスにおいて、遠慮は保身

今年こそ、今までの自分の壁を越えたい。

本気で考えているなら、どこかで「遠慮」している自分を変えていかないと。

遠慮は、保身。

どこかでこの意識を行動に変えないと、自分の殻って破れない。

周りに不快感を与えない程度の図々しさって、私は必要だと思いますよ。

強くなりたいなら、まずこの保身に費やしている力、を変えていきましょう。

 
 

遠慮して、手放しているもの

気付かない人、がほとんど

毎日、私たちは周りに遠慮して過ごしている。

周りの人に気を遣って、遠慮して手放していることに、気付かない。

遠慮して自分は参加しない、周りで見ているだけ、の自分で良いんですか?

気付かない人、気付いているのに行動を興せていない人。

それは、テニスの試合に強くなるうえでは損しているだけ、です。

遠慮している方が、基本は楽

基本的には、楽ですからね。

何かに関わらない、人の後ろを付いていくだけの方が、楽。

何が楽って、自分で考えなくて良いですからね。

遠慮しているフリをして、自分の保身に勤しんでいる。

みなさんの周りにも、こういう危機が潜んでいる。

大げさな話ですが、これが大事な意識ですよ。

少しだけ踏み込んでも、大丈夫

やりたいことを、やってみる。

少しだけ前に踏み込んでみる、これで良いんです。

そこに不快感を覚える人、は気にしない。

それに、以前にも書きましたが、そこまで周りは気にしていないはず。

今までに無い自分、を創り出そうと動いてみる。

遠慮している自分を変えていくことが、自分のテニスにつながっていく。

どうでしょう、少しずつイメージ出来ませんか?



テニスというスポーツの、本質は?

自ら行動していく、それが求められる

自ら行動していく、それがテニス。

サーブを打つにしても、自分からトスアップして打つ。

誰も助けてくれないですよね。

だからこそ、遠慮はもったいない。

自分を弱くしていくこと、にしかつながらないです。

試合も遠慮している人、ばかり

じゃないですか?実際。

何となく、無難に終えたい、でも出来れば勝ちたい。

試合以外の部分でも、同じじゃないですか?

練習から、私生活から、周りに遠慮している自分に気付くこと。

それが、試合での弱さにつながっているんじゃないか、ということに気付くこと。

試合で求められることは、日常でも求められている

一歩踏み出していく、周りから外れていく。

この勇気を持てる、遠慮している自分を、取り除いていく。

試合で求められることは、いつも私たちの日常でも、求められている。

厳しい場面で、サーブを振り切れるかどうか。

それは日常の厳しい場面でも、自分のプレーをやり切れるかどうかと同じ。

試合で求められていること、を遠慮していても強くはなれない。

私たち社会人、だからこそこういう変化って興し辛いんでしょうね。

   

自分の心を隠さずいこう

無難に強くなること、は出来ない

試合でかちたいなら、結果を出したいなら。

無難に何となく、強くなることは出来ない。

きっと、遠慮している人はどこかに「無難に、周りに迷惑をかけないで」強くなる、ということを望んで無いですか?

自分の心を隠さず、遠慮して行動している自分を解放していく。

この覚悟を持つところから、全ては始まります。

テニスを始めたころ、にヒントがある

最初はもっと、みなさんテニスについて考えていたはず。

どうすれば、上手くなれるのか。

どうすれば、試合に勝てるのか。

色々な可能性を探って、自分で研究していたのに・・・いつからか、周りの影響を強く受けるようになって来た。

テニスとはこういうもの、という意識、で自分を縛ってはいませんか?

テニスを始めたころ、は良い意味で遠慮も少なかったはず。

まずは一度、その頃の自分を思い出してみて下さい。

遠慮しなければ、テニスはもっと楽しい

自分はこういうテンス、でいくんだと。

遠慮しないで、しっかり周りに主張していくこと、が大事です。

プレーでも、言葉でも。

遠慮しなければ、テニスってもっと楽しいし創造性が拡がっていく。

遠慮は保身、傷つくのが怖い自分が表に出ているだけなんだ、と気付けるかどうか。

厳しいようですが、全てはアナタ自身です。



遠慮している人は、結果的に損していく。

テニスの試合で結果を出すには、結果を変えるチャンスをしっかり自分の中で作り続けていかないと。

今までは行かなかった場所、踏み出せなかった一歩を、出してみる。

繰り返しますが、試合に勝ちたいなら、考えていきましょう。

私もT-PRESSも、今年は遠慮なしで突き進んでいきます。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  2. その他

    「この程度で良いかな」と思った時点で、テニスの成長は止まる

    何か大事な大会で、結果を出した時。ずっと勝てなかった相手に、…

  3. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

  5. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  6. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
  3. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです
  4. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  5. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
PAGE TOP