戦術

相手がどうリアクションしてくるのか、想定しよう

今年こそ、テニスで結果を出したい。

そう考えているみなさんは、まずこの基本に立ち戻りましょう。

テニスの試合、適度な予測が当たり続けると、調子も上がって来る。

そのためには、アナタ自身のショットにどう相手が反応してくるのか。

ここを、しっかり想定していくのが基本です。

 
 

当たり前のこと、はインパクトが弱い

アナタ自身、試合をしていて感じるはず。

普通の相手、当たり前のようなテニスって、怖く無いですよね。

どんどん打って来る学生、粘り強いだけの女子ダブルス、これはもう想定済。

こういう「普通」の人って、相手のリアクションを見ていないし考えていない。

自分がやりたいテニス、打ちやすいショットを打っているだけですから。

アナタ自身、こうならないようにしっかり意識しないと。

当たり前のことをしていても、インパクトは弱い。

だから、まずは相手に刺激を与えてみることが大事なんです。



普通じゃない、刺激を与えてみる

試合の中で、まずは相手を刺激してみる。

ポーチに動いたり、ストレートに打ったりしてプレッシャーを与えてみる。

そこで、相手はどう反応してくるのか、をイメージしてみましょう。

ダブルス慣れしていない学生なら集中力を乱す可能性は高いし、粘るだけの女性ならより粘ろうとして下がって来るかも知れない。

このイメージが湧けば、その対策も取れますよね。

普通じゃない刺激、を相手に与えてみることから全てが始まる。

試合って、序盤に相手にリアクションを想定出来ると楽ですよ。



経験を積めば、想定力が上がる

だんだん慣れて来ると、分かって来るんです。

「この相手なら、こうやればきっと、こう反応して来るな・・・」と。

違うこともありますが、それもまた良い経験。

自分主体で試す、予測する、確認するを試合の中でルーティーンに出来ているかどうか、が大事です。

刺激を与えれば、人って必ず「その人らしさ」が出るもの。

テニスは、そこからが勝負、です!

   

人間相手なら、テニスは勝てる!

強い人って、人間っぽくない。

全然弱みを見せない、冷徹そうに見えませんか?

そう見えているうちは、勝てないでしょう。

刺激を与えて、こちらも想定して待っておく。

そこで少しでも、予測が当たると自信になるんですよね。

「あ、この人も人間じゃないか」と、本気で想えたら勝負出来る。

大げさな話でも何でもなく、試合って、「この人も自分も同じ人間だな」と思えたら勝てる。

そのためにも、相手のリアクションを想定するって大事なんです。



小さい刺激を与える武器、を用意しておく。

これは、アナタ自身が試合を楽に進めていく為に必要なこと、です。

日常生活でも、そうじゃないですか。

会話しながら、相手が何に反応するのか試す、想定する。

試合でも、一緒です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

  2. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい

    「何だかよく分からないけど、強そうな相手」って、皆さん試合した…

  3. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

    夏場のテニスの試合は、過酷そのもの。1試合だけでもキツイのに、…

  4. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

    これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。みなさんも…

  5. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法

    対戦相手の武器に、押されてしまう。男性の試合だと、フォアが得意…

  6. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い

    対戦するときに、嫌な相手。それって、どんな相手でしょう?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  3. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュを打つときの反応が遅い・・・」と感じている人は、相手のラケット面から…
  5. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから
PAGE TOP