メンタル

挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事

テニスの試合に出ていて、何が楽しいのか。

私は、もちろん勝つことも楽しいですが、それ以上にこれが楽しい。

楽しめているから、今でも新しい発見があるし、自分自身が面白い。

もっともっと、私たちのテニスは自由で良いし、出来ることはたくさんある。

大事なのは、アナタ自身のスタンスです。

 
 

今年一年、どうでしたか?

みなさんのテニス、どうでしたか?

なかなか、一言では表せないと思います。

でも、そこにはきっと、挑戦や失敗があったはず。

T-PRESS読者のみなさんの頑張りを、少なからず私は知っているつもりです。

挑戦や失敗が無い人にとっては、このサイトってつまらないと思いますよ。

良く分からないことが、偉そうに書いてあるだけですからね。

みなさん自身、今年一年を振り返ってみて下さい。

挑戦や失敗を、しっかり楽しめたかどうか、を意識して振り返ってみて下さい。



周りを気にし過ぎないこと、が一番

テニスの試合に、出続けること。

実際、これが一番の挑戦ですよね。

もちろん、勝てる試合よりも負ける試合の方が多い時期もあったはず。

この挑戦を、結局は楽しめるかどうか、だと思います。

周りの目、気になる人は多いと思います。

でも、ここを気にし過ぎないこと、が大事。

挑戦を笑う人も、中にはいるでしょう。

でも、本人が楽しめていれば気にならないですから。

周りの目が気になるということは、失敗が怖いということ。

その時点で、もう黄色信号なんですよね。



アナタ自身が思っているほど、重くは無い

もっといえば、周りの目を気にしないで良いというか、そこまで見ていないと思って良いでしょう。

挑戦や失敗が楽しめない人って、ちょっと自意識過剰です。

誰も、そこまでアナタ自身に興味は無い。

だから、堂々としてて良いんです。

アナタ自身が重く考えることは無い、楽しむには結果を恐れては行動出来ませんからね。

挑戦や失敗、やったもん勝ちです。

私自身、来年はたくさんのことにまた挑戦していく予定です。

   

アドバイス、が効かない部分

こればっかりは、アドバイス出来ません。

「挑戦しましょう!失敗しましょう!」と言っても、ある意味無意味なんですよね。

やる人はやる、やらない人は、やらない。

アドバイスでどうこう、という部分では無いような気がしています。

もちろん、みなさんの心を動かしていきたいという想いはありますが・・・。

挑戦や失敗を楽しめる、と思えるようになれば、テニスは変わる。

きっと、ここに書いてある記事の8割は出来るようになる、と私は思いますよ。



少し早いですが、今年一年を振り返ってみると・・・私自身、たくさんの発見がありました。

ですが、行動やアクションは少なかったな、と。

もっと成長出来るよう、みなさんのテニスの助けになれるよう、来年に向けて色々練っているところです。

これから、大寒波が来るらしいので・・・みなさんどうか、体調にお気を付けて。

年末年始も、一応こちらのT-PRESSは更新継続予定です!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  2. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

    テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。それは、…

  3. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる

    誰しも試合に出ている人は、どこかで「認められたい」と思っている。…

  4. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」だと、ずっと鴨と思われて終わる

    テニスは、ゲームやセットを取らないと意味が無い。確かに、そうで…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  6. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

コメント

    • 高橋淳
    • 2018年 12月 27日

    本年もお世話になりました。

    毎日のようにメールを送信されて、最初は難しい内容に思えたことも、今ではあるある。と思えるようなくらいまで、情熱を持ってテニスに取り組んでこれました。

    いつか筆者様ともテニスで対戦したいなあと思いつつ、日頃は技術向上と体力維持に努め、目の前で一緒にテニスできる仲間たちと楽しくやっていきたいと思います。

      • tomita
      • 2018年 12月 29日

      いつも購読、ありがとう御座います!
      私自身、いつも読者のみなさんから刺激を受けてこの1年頑張れました。
      また来年も宜しくお願いします。そしていつか、コートでお会いしましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本
  2. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  4. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
PAGE TOP