ストローク

深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。

この葛藤、試合でずっと付いて回ります。

何かを、アナタ自身でハッキリ基準としてもっておきたいところ、ですよね。

私が意識して効果的だったこと、を今日はお伝えします。

ストロークの軌道、の頂点をどこにする?だけハッキリさせておきましょう!

 
 

相手コートの、サービスライン上

これが、アナタ自身のストロークの軌道の頂点。

かなり、相手コート寄りだと思います。

「なんだか、アウトしそう・・・」と思いますよね。

でも、しっかり回転をかけてこの軌道、がイメージ出来れば、意外と入りますよ。

ネットの上に軌道の頂点を持って来ると、かなり浅いストロークにしかならないですから。

しっかりスピン回転で、相手コートのサービスライン上に頂点を持って来る。

これでいきましょう!



アウトを、恐れるな!

試合では、アウトを恐れてはいけない。

良いんです、多少アウトしても。

それくらいの気持ちじゃないと、良いストロークは打てない。

置きにいくようなストロークでは、どのみち入ったとしても上のレベルでは叩かれて終わりですから。

軌道の頂点を、相手コートの真ん中あたりに設定してみて下さい。

これは、かなり勇気の要る決断だと思いますが。

確実に、深さと高さ、がストロークに出るはずです。



深く打てた時には、1歩前に入る

その中でも、深く打てた時。

もしかしたら、アウトかも・・・と思うようなショットを打った後には、1歩前に入りましょう。

そこから、更に攻撃していく姿勢で。

結果的にアウトでも良い、問題はその次の相手からの返球を、後ろで待たないで前に入れるかどうか。

軌道を高くして相手を深いストロークで追い込んで、どこかで前に入る。

そうなれば、相手はもう逃げ道は無いはずです。

   

前に入ったら、ストロークも切り替える

後ろから打つ時には、軌道の頂点は相手コートのサービスライン上。

でも、アナタ自身が前に入ったら、切り替えていかないといけません。

同じような力で打つと、当然アウトしますからね。

高い打点で直線的、なボールをライジングショットで打つ、またはドロップショットを仕掛けていく。

自分のポジションが変われば、軌道の頂点の概念も変わって来ます。

この切り替えをしっかり意識しながら、攻撃してポイントを取っていきましょう!



深いストロークのコントロール、大丈夫ですか?

試合で「どこを基準にして、狙うのか」がしっかり明確になっていればすごく楽。

練習でも、軌道の頂点が相手コートのサービスライン、からカクッと落ちるスピンの軌道をイメージして、練習してみましょう。

試合で使える、強力なショットになるはずです!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝て…

    テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざって…

  2. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う

    試合でドロップショットを使っていくとき、その精度も大事になる。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

    ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。シン…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  6. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!

    試合でコントロールが良い選手、憧れますよね。最近のラケットやガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  2. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  4. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  5. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
PAGE TOP