ストローク

対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。

低く、安定して打ち続けないといけないですよね。

このコツ、意外と簡単です。

大きなスウィングになっているストロークを、しっかりコンパクトにしてあげる意識で。

私が意識しているコツ、をご紹介します。

 
 

脇を締めて、小さいスウィングにする

相手がネットにいますから、すぐにボレーで返って来る。

それを想定して、しっかり小さいフォームで打ち返すこと、が必要になります。

私が意識しているのは、脇を締めるということ。

脇を締めて、ラケットをいつもより身体の近くを通過させるようなイメージ、です。

ボールを打った後、フォロースルーもほとんど無し。

打ったらすぐに構え直せるように、脇を締めて打つことを意識してみて下さい。

きっと、ネットプレイヤー相手にも浮かないストローク、に変化していくはずです。



肘の位置をチェック!

脇が締まった状態をキープしたいので、肘の位置を意識しましょう。

私は、自分の肘が脇腹に軽く当たるくらい、の位置でキープ出来るように意識しています。

ボールが低いなら、膝を曲げて低い態勢を取る。

低い打点でのストローク、が対ネットプレイヤーには難しいですからね。

高い打点なら、何とでもなるでしょう。

低い打点の時に、しっかり脇が締まっている状態で打てると、ボールは沈みます。



手打ちにはならないように、腰を使う

つい、小さいフォームを意識すると手打ちになってしまう。

これは、ミスの元になります。

腰を回す、横向きから少しだけ後ろ側の腰を前に出す、ような動きを入れてラケットと連動させていきましょう。

腕だけで振るショットは、重さが出ないですからボレーが難しくなってくる。

手打ちにならないように、下半身を使うこと。

ただし、大きな動きにはならないように、シンプルにコンパクトに、がキーワードです。



スピン回転、をしっかり意識する

脇を締めて、しっかり振り切る中でスピン回転をかける。

これが難しいところですが、しっかり回転をかけていくことを意識しましょう。

スピン回転をかけて、低い軌道で打つ。

私はいつも、ラケットの下にエッジに引っ掛けるような感じ、で打っています。

小さい動きですが、しっかりスピン回転をかけたストロークでボレーヤーを攻撃していく。

ロブだけでなく、こういうショットが対ネットプレイヤーには必要です。

   

お勧めの練習法

ボレー対ストローク、で低いストロークを打ち続ける。

これ、今回はあえてしっかり打つ練習をしましょう。

ボレー側の選手は台になってしっかり深く返す、出来ればスライス回転をかけて、低い打点でのストロークを打たせるイメージで。

ストロークを打つ選手は、構え直しの早さ、を意識してみて下さい。

何球でも、相手を突いていけるようなイメージで。

普段ならロブも使って崩し合うラリーですが、連続して突いていく、というのも良い練習になります。



ネットプレイヤーに対して、ボールを浮かせない技術。

これに自信が生まれると、試合も楽しくなります。

相手が前に来ても、低い位置でボレーさせれば良い、と思えますからね。

ぜひ脇の締め方、肘の位置、意識して打ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  2. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  3. テニス ラケット
  4. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

    皆さんの周りには、「やたらと足が速くて、フットワークが良い選手」いませ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK
  2. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
  3. テニス サーブ

    ストローク

    普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
PAGE TOP