ストローク

エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!

試合で相手を追い込む、鋭いスライスを打ちたい。

エグいスライスを打ちたいなら、ちょっとしたコツがあります。

これ、もしかしたらやると基本と違う、ちょっとコーチからは怒られてしまうような類のモノ、かもしれません。

でも、実際に強い人は使っているコツ。

ただし、習得には少し時間がかかります。

長い目で見て、育てていって欲しいテクニックです。

 
 

腕の振りを、速くする

これ、大事です。

スライスですから、少しだけ上から下に、フォロースルーは前に出していくようなフォームで打つと思います。

その腕の振り、を速くしてみる。

特に、ボールに当たる前、しっかり加速させてからボールに当てたいんです。

ゆったり当てる、という方もいるでしょうが、これだと鋭さが出ない。

短く鋭く切る、ようなイメージで、スライスを打ってみて下さい。



打点をブラさない為には、前足体重で

しっかり、鋭く振るには下半身が固まっていないとダメ。

下半身を固定して、しっかり振りに鋭さを出しましょう。

打点をブラさない、という強い意識が大事です。

前足体重で、ボールがラケットに当たる少し前から一気に加速する。

ここでボールにしっかりと回転をかける。

スライス回転、回転量が多い中で前に押し出していけると、相手コートでも低く滑る良いスライスになるはずです。



力は要らない、必要なのはラケットの重さ

ラケットの重さ、を感じながらスライスを打つ。

これが出来れば、もうバッチリです。

当然、自分でも力を加えていきますが、ラケットの重さを重力を使いながら、しっかり感じることが大事です。

グリップを強く握ると、その重さって感じることが出来ないじゃないですか。

力は要りません、ですから女性でもコツさえ掴めば楽にボールを飛ばせるでしょう。

両手バックハンドのスライスも、基本は一緒。

利き腕ではない方の腕、を意識して使えると最高ですね。



片手バックハンドスライスの方は、胸を張ってパワーアップ

片手でバックハンドスライス、を使う方はしっかり反対の腕も使いましょう。

後ろに引いて、胸を張るような感じでパワーを加える。

これも、ラケットを加速させる一つのサポートになりますね。

ラケットを振るんだけど、実際に利き腕の力ってそんなに使いません。

重力や、反対の腕の力、を使って打つイメージでOK。

もっとパワーが欲しい!余裕がある時には、しっかりと肩を入れて相手方向に背中を向けるようなイメージで打つのも良いでしょう。



お勧めの練習法

自分でボールを前にトスして、ワンバウンドでスライスを打ってみる。

この時に、低く鋭く球足が伸びていくのか、を確認しましょう。

打点の高さは、腰から膝くらいの高さで。

上からボールを抑える時に、しっかりラケットを速く振る、動かす。

上から下への動作ですから、鋭さが欲しいところ。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。



スライスが変われば、試合は変わる。

攻めのスライスは、もっと大胆にラケットを振る速さを出して良い。

ちょっとした意識で、伸びのあるスライスは女性でも、シニアの方でも打てるようになります。

いつもよりも少し、速く振ってみて下さい。

「おぉ!」となるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースル…

    ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケット…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  3. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

    試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。…

  4. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  5. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  6. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

    テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
  2. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  4. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに
  5. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確
PAGE TOP