ストローク

エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!

試合で相手を追い込む、鋭いスライスを打ちたい。

エグいスライスを打ちたいなら、ちょっとしたコツがあります。

これ、もしかしたらやると基本と違う、ちょっとコーチからは怒られてしまうような類のモノ、かもしれません。

でも、実際に強い人は使っているコツ。

ただし、習得には少し時間がかかります。

長い目で見て、育てていって欲しいテクニックです。

 
 

腕の振りを、速くする

これ、大事です。

スライスですから、少しだけ上から下に、フォロースルーは前に出していくようなフォームで打つと思います。

その腕の振り、を速くしてみる。

特に、ボールに当たる前、しっかり加速させてからボールに当てたいんです。

ゆったり当てる、という方もいるでしょうが、これだと鋭さが出ない。

短く鋭く切る、ようなイメージで、スライスを打ってみて下さい。



打点をブラさない為には、前足体重で

しっかり、鋭く振るには下半身が固まっていないとダメ。

下半身を固定して、しっかり振りに鋭さを出しましょう。

打点をブラさない、という強い意識が大事です。

前足体重で、ボールがラケットに当たる少し前から一気に加速する。

ここでボールにしっかりと回転をかける。

スライス回転、回転量が多い中で前に押し出していけると、相手コートでも低く滑る良いスライスになるはずです。



力は要らない、必要なのはラケットの重さ

ラケットの重さ、を感じながらスライスを打つ。

これが出来れば、もうバッチリです。

当然、自分でも力を加えていきますが、ラケットの重さを重力を使いながら、しっかり感じることが大事です。

グリップを強く握ると、その重さって感じることが出来ないじゃないですか。

力は要りません、ですから女性でもコツさえ掴めば楽にボールを飛ばせるでしょう。

両手バックハンドのスライスも、基本は一緒。

利き腕ではない方の腕、を意識して使えると最高ですね。



片手バックハンドスライスの方は、胸を張ってパワーアップ

片手でバックハンドスライス、を使う方はしっかり反対の腕も使いましょう。

後ろに引いて、胸を張るような感じでパワーを加える。

これも、ラケットを加速させる一つのサポートになりますね。

ラケットを振るんだけど、実際に利き腕の力ってそんなに使いません。

重力や、反対の腕の力、を使って打つイメージでOK。

もっとパワーが欲しい!余裕がある時には、しっかりと肩を入れて相手方向に背中を向けるようなイメージで打つのも良いでしょう。



お勧めの練習法

自分でボールを前にトスして、ワンバウンドでスライスを打ってみる。

この時に、低く鋭く球足が伸びていくのか、を確認しましょう。

打点の高さは、腰から膝くらいの高さで。

上からボールを抑える時に、しっかりラケットを速く振る、動かす。

上から下への動作ですから、鋭さが欲しいところ。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。



スライスが変われば、試合は変わる。

攻めのスライスは、もっと大胆にラケットを振る速さを出して良い。

ちょっとした意識で、伸びのあるスライスは女性でも、シニアの方でも打てるようになります。

いつもよりも少し、速く振ってみて下さい。

「おぉ!」となるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボ…

  3. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

  6. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
  2. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと
  3. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法
  4. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  5. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
PAGE TOP