サーブ

甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

これから、サーブ&ボレーにトライしたい。

そう考えているみなさんに、私のスタンスとしている部分を、まとめてみます。

サーブが良くないと、前に出るのは危ない。

そう考えてサーブだけの強化に勤しむのは、危険です。

サーブ&ボレー、勝負はあくまでネットプレー。

そして、相手との駆け引きです。

 
 

サーブが良いと、リターンも良くなる

実は、テニスってこういう法則があります。

試合に強い選手ほど、適応力がある、試合の中で合わせて来る。

サーブが良いと、リターンも集中力を増して、調子を上げて来る。

みなさんも、経験無いですか?

逆にサーブが遅い、イマイチな選手ほど、試合で合わせるのが難しい。

サーブが良いだけで、サーブ&ボレーの成功は保証される訳ではない。

むしろ、相手の良さも引き出しやすい、という要素も持っている。

こういう準備、大事です。



何より大事なのは、コントロール

サーブ&ボレー、はサーブがアプローチショットのようなもの。

相手に近付いていくショット、になる訳です。

だから、しっかり打った方向に自分が近付いていく意識、が大事になりますよね。

威力、スピードよりも、コントロール精度が何より大事。

コントロールが悪いと、大きな空きスペースが出来て、リターンで狙われやすい。

それに、自分のメンタルもやられてしまいますよ。

打ってみないと、自分のサーブがどこに飛んでいくのか分からない、なんてショットになりますからね。

あくまで、コントロールにこだわること、だけは忘れないで下さい。



良い悪い、は相手が決めること

サーブ&ボレー、リターンの相手が何を考えているのか。

これは、相手主体で考えましょう。

サーブが良いのか、悪いのか、アナタ自身が勝手に判断してしまうのは、すごく危険。

特に、男性のみなさんですね。

「今日のサーブ、良い感じだな・・・」と思っている人に限って、相手も「合わせやすいサーブだな・・・」と思っている可能性も高い。

相手の反応を見ながら、サーブ&ボレーのボレーと併せて「やりにくそう」にしているかどうか。

ぜひ、意識して取り組んでみて下さい。



上を目指していくなら・・・

私は、球種を増やすことをお勧めします。

スピン、スライスの2種類は欲しい。

なぜなら、リターンの打点の高さを変えることが出来るから。

一定の高さ、でリターンを打たれると相手も慣れて来ます。

スピンで肩くらいの高さの打点、スライスで膝くらいの高さの打点、で打たせていく。

そうすれば相手も的を絞れない。

良いサーブ=フラットで速いサーブがコーナーにドン!

だけだと勝てないですし、サーブ&ボレーに向かないですよ。

   

お勧めの練習法

サーブからのリターン、でのクロスラリー。

しっかり球種とコントロールを意識して、サーブから前に出る。

そして、ファーストボレーまではしっかりリターン側に返すこと、に集中しましょう。

良いサーブを打つ、ことに意識を使い過ぎないように。

コントロール性を重視して、速さを求め過ぎない。

それだけで、サーブ&ボレーはより試合向き、な武器になります。



しっかりと、自分の武器に育てていく。

シングルスでも、ダブルスでも、自分の球出しからアプローチショットを打てるのがサーブ&ボレー、という意識で良いでしょう。

ダブルスなら、前衛のポーチも使えますからね。

全てをキープにつなげていくために、準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  2. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないとダメ

    今回は、忘れられがちだけど、当たり前の話を少し。テニスの試合、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

    サーブを打つ前、緊張しますよね。これは、テニスの試合では避けて…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
  2. テニス イベント

    練習メニュー

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス
  3. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ
  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える
  5. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?
PAGE TOP