スマッシュ

スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。

これが出来れば、もっと積極的に前に出れますよね。

イメージとして、私はこれをお勧めします。

最初は勇気が要りますが、慣れると自然と身体が大きく使える。

是非、意識してみて下さい。

 
 

横向きより、後ろ向き

相手に背中を向ける、くらい肩を入れる。

横向き、ではなく後ろ向きになって顔だけ残す、感じで構えてみて下さい。

試合では、下がってスマッシュが多い。

ですから、しっかり下がれるような態勢を作りたいですよね。

横向きだと、この機動力が生まれにくい。

後ろ向きなら、後ろに向かって大きく下がることが出来る、守備範囲が拡がるんです。



下半身はしっかり大きく使う

スマッシュは、しっかり下半身から動く。

その代わり、いざ上半身で打つ動作になると、ここはすごく小さい動きで良い。

パチン!と手首だけで打ち終わっても良い、と私は思っています。

その代わり、しっかり下半身で動く、後ろ向きを作るくらい上体はひねっておく。

そこでパワーを溜めるから、最後の動きはシンプルで良い。

スマッシュが苦手な人って、逆なんですよ。

ほとんど動かず、準備せず、最後に上半身と腕の力でねじ込もうと必死。

そうじゃなくて、スマッシュは機動力勝負、最後は楽に、で良いんです。



パワーを溜めて打つ、イメージで

最後に腕に頼らない、そこまでにパワーを溜める。

この意識が大事です。

ールが落ちて来るのを待っている、人はスマッシュが安定しない。

待たないで溜める、その間に力を溜めてしっかり動いておくことが大事なんです。

「よし!来たな!」という感じで。

相手はロブを使って来るのが試合ですからね、それにビビっていては、勝てません。

パワーを溜めるスイッチ、が相手のロブですから。



後ろを向くことで、身体は開かなくなる

スマッシュを打つ前から、自分の胸が前を向く、身体が開く。

こうなると、試合では安定しませんよね。

上半身をしっかりひねって後ろ向きを作ると、身体の開きが抑えられます。

打ち終わっても、まだ横向きキープ、な感じでスマッシュが打てる。

打点が安定するし、パワーが生まれる。

こうなれば、もうスマッシュが楽しくて仕方ない感じになると思いますよ。

   

お勧めの練習法

下がって打つスマッシュ、対ロブのラリー練習。

コートを縦半面に割って、1対1で練習してみましょう。

ロブは出来るだけ深く、スマッシュは後ろ向きで下がる動作から入る。

スマッシュの威力を、確認して欲しいんです。

横向き、よりもしっかりひねって身体を使える分、パワーアップするはず。

ぜひ、意識してお互いに深いロブを返せるように、練習していきましょう。



ただ入れるだけのスマッシュ、を変えていく。

その意志、意志の強さが大事です。

身体を後ろ向きにして下がるのは、結構勇気が要る。

でも、試合では厳しいロブが来ます、それを自分で打たないとずっと狙われる。

スマッシュ改革、一緒に頑張りましょう。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

  4. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

  5. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう
  2. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
PAGE TOP