メンタル

心の弱さが、ミスになるのがテニス

テニスの試合で、ミスが多い。

練習だと入るボールが、入らない。

これは、アナタ自身の打つ時の心理状態、がいつもと違うから。

試合ってやっぱり、非日常の世界。

だから、つい自分の心の弱さが出て、手元が狂ってしまう。

それは、当然のことなんです。

 
 

相手が敵、になるのが試合

練習だと、仲間ですよね。

一緒に打ち合う、練習する仲間。

それが、試合になると敵になる。

大げさな話でも何でもなく、やるか、やられるかの世界。

テニスでは引き分けはなく、どちらかの選手が相手を蹴落として上がるしかないんです。

試合と練習、同じテニスでもここまで違って来る。

敵と相対するから、人は相手を恐れ、感情的になる。

だから手元が狂う、それが自然なんですよ。



ミスショットは、なぜ起きるのか

試合でのミス、色々な場面で起きると思います。

どちらかと言えば、記憶に残っているミスは「相手に触られたくない!」と思って、強引に打つショットの失敗、じゃないですか?

この、相手に触られたくない、という感情は実にテニスらしい。

自分の弱さ、がよく現れたショットだと思います。

練習よりも、少しだけコースを厳しく狙ってしまう。

グリップを強く、握ってしまう。

全ては、相手を恐れるからこそ、起きてしまう現象なんです。



一番怖いのは、敵じゃない

かつて、ナダル選手がこんな言葉を残しています。

「負けるのは怖く無い、怖いのは、負けを恐れている自分だ」と。

テニスの試合、本当にコレに尽きると思います。

恐れている自分、ほど怖いものは無いですよ。

一番怖い存在、はいつだって自分の弱い心。

弱い心をコントロール出来れば、自然とミスは減ります。

対戦相手を恐れ過ぎて、自分の力が出せていないこと、にまず気付くこと。

そこから、アナタ自身が一歩上のステージ、に上がっていけるはずです。



怖いのは、自分だけじゃない

相手だって、同じです。

同じ人間ですから、自分が怖い。

相手を恐れながら、試合をしている中でミスも出て来る。

テニスの試合で負けそうになると、「なんで自分はこんなに弱いんだ・・・」と、一人孤独に自責の念にさいなまれてしまう人、多いと思います。

そんな人ばかりですよ、試合では。

強そうにしている人だって、恐怖心と戦っている。

ただ、そのコントロールが上手いだけ、術を知っているだけ。

ココの差が、結局はスコア差になっているのがテニスの試合、だと私は思います。

   

技術的な問題、も当然あるでしょう。

でも、本当に練習で出来ていることが、試合で急に出来なくなる人は、「相手に触られたくない」という想いが強い可能性が大。

大丈夫です、触られても凄いカウンターが来る訳ではないですから。

もっと、楽にいきましょう。

怖いものは怖い、でも恐れてばかりいる自分、が一番怖いんだと。

これも言ってみれば、テニスを通じて成長出来るチャンス、ですからね。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず

    試合中に、自分に自信を失ってしまうこと。みなさんも経験、ありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
  2. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  3. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  5. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる
PAGE TOP