ボレー

ハイボレーが苦手な人は、決断が遅過ぎ

ボレーの中でも、自分の顔の位置より高い打点。

ハイボレー、みなさんしっかり試合で打ててますか?

このコントロール、精度、試合での勝敗に直結すると言っても過言ではないでしょう。

まだまだ、怪しい人がたくさんいるハイボレー。

みなさん、ココを鍛えて差を付けていきましょう!

 
 

なぜ、難しいのか・・・?

答えは、シンプルです。

特に、30代以上のプレイヤーのみなさんは、そもそもラケットが高い位置に上がっていない。

私もそうなんですが、自分では高くラケットをセットしているつもりが、全然上がっていないというケースが多いんですよね。

ラケットの準備が、低いし遅い。

だから、ハイボレーの守備範囲も狭い。

そもそも、ここを改善しないと厳しいですよ。



肘の位置を、高く!

一番は、肘の位置を高く。

これがポイントです。

意識するとすぐに変わるのは、肘の位置。

自分の肘が顔の横、耳の横より上になるようにセットしてみましょう。

そして、これを早く!

決断を早く、「ハイボレーだ!」と思ったらすぐにラケットをセットすること。

この決断が遅い人が多いんです。

スマッシュか悩む気持ちも分かりますが、この決断を徹底して早くすること。

これは普段の練習から意識してみて下さい。



前?後ろ?どっち?

ハイボレーと一言で言っても、フットワークは色々です。

前に詰めていくハイボレーもあれば、後ろに下がってカットするようなハイボレーもありますよね。

これも、自分の中で相手が打った瞬間に判断出来るように。

ラケットセットしながら、1歩目を早く動かせるようにしましょう。

「それが難しいんじゃんか・・・」と思いますよね。

相手の態勢を、よく見ましょう。

相手が余裕があるなら、それは精度の高いロブですから下がるでしょうし、態勢が不十分なら前に詰めるようなハイボレー、になる可能性が高い。

相手をよく観察していれば、一歩目が自然と早くなりますよ。




ハイボレーも、コントロール勝負

これが基本です。

高い位置からのボレー、「強く叩く」ことが目的になってませんか?

高い位置からのボレー、ハイボレーこそコントロール重視。

角度を付けたり、しっかり相手のコートの空いているところを狙って、打つ。

コントロール勝負が出来ると、安定感もアップするし相手を走らせて、疲弊させることも出来る。

バン!と決めるハイボレーも、結果的に決まっているだけ。

あくまで、私たちはコントロールにこだわっていきましょう!

   

お勧めの練習法

ストレートでコート半面、1対1のボレー対ストローク。

これで、しっかりハイボレーを練習していきましょう。

前後に動かしながら、ネットにいる相手を揺さぶるようなイメージで。

足下のボールも大事ですが、意図的に高い位置のボレー、ハイボレーも打たせていく。

この意識で、ストローク側がしっかりと練習の台になれるようにしていきましょう。

下がってハイボレーカット、の練習も大事です。



試合に強い人って、ミスらないですよね。

ハイボレーって、本当にテニスの実力がよく分かるショット。

まずは決断早く、セットを早く、高く。

腕が上がらなくなってくるベテラン、シニアのみなさんも、試合前にしっかりストレッチをして、1球目からハイボレーに対応出来るようにしてコートに入りましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  3. テニス メンタル
  4. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

  5. ボレー

    「延長線上」というキーワード

    プロ選手の練習を見ていて、そしてお話をお伺いして感じたこと。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
PAGE TOP