サーブ

シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない

シングルスの試合で、相手に許してはいけないこと。

自分が打ったサーブを、ただ単にポワーンと山なりなリターンで返されること。

これを打たれている内は、アナタ自身サーブの後の工夫が足りない。

「まず返せば、そこからで良いや」と相手に思われている。

これでは、シングルスの試合は厳しいでしょう。

 
 

甘いリターン、なぜ許す?

アナタ自身が、しっかり打ったサーブ。

そのボールをリターン、ただ相手は山なりに返すだけ。

これを、許しているから試合で勝てない。

相手は、「まず返して、そこからだな」と余裕を持ってプレーしていますよね。

甘いリターンを打っても、やられないなんて楽な試合。

そう思われている、可能性大ですよ。



サーブ&ボレーを、アクセントに

だから、これが必要なんです。

シングルスの試合でも、サーブ&ボレー、を入れていく。

そうすると、相手はリターンを簡単に返せなくなる。

山なりに返して相手が前に出て来ると、ボレーで決められる可能性が高いですからね。

少なからず、恐怖心が芽生えて来る。

サーブ&ボレーを入れないと、この山なりなリターンだけで対応出来る、と思われてしまいますからね。

アクセント、相手へのプレッシャー、の意味で必要なんです。



1回やれば、効果大!

1回でも試合の序盤にやれば、効果大でしょう。

相手からすると、アナタ自身が「サーブ&ボレーも出来る人」になる訳ですから。

1回やるだけで、山なりなリターンが危ない、と相手は思って来る。

もしサーブ&ボレーしないにしても、相手は残像で残ってますから。

サーブの後のポジショニングは、アナタ自身でしっかり出し入れが出来る部分ですから。

1回、試合の序盤に入れてみる。

これだけで、かなり変わって来ると思いますよ。



流れを確認してみましょう

本当に、シンプルに。

相手の意表を突くようなイメージです。

難しいことはしない、シンプルに考えて入れていきましょう。

しっかり前に出る決断して、サーブを打つこと。

打った方向に詰めていく、のが大事です。

オープンコートにしっかり打てば、大丈夫。

狙い過ぎない、相手を走らせることを意識。

シングルスの試合、アドサイドから右利きの方が使えると、フォアボレーも打ちやすい。

ぜひ、試してみて下さい。

→YouTube公式チャンネル登録はコチラ

   

やった者勝ち、ですよ

あまり、シングルスの試合でやる人が少ないから、つい億劫になりますよね。

でも、見て分かる通りそんなに難しいことではない。

やった者勝ちですし、相手にプレッシャーをかけてリターンミスを誘えるのも良いところ。

たまに入れる、だけで全然試合のリズムは変わって来ます。

ぜひ、シングルス草トープレイヤーのみなさん、トライしてみて下さい!



短く終えるポイントがあると、体力も温存出来ますしね。

試合の序盤でネットでポイント、しかもシングルスの試合なんて・・・最高じゃないですか。

1セットマッチで相手の出鼻をくじくには、良い飛び道具。

持っておいて、損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生まれるのか?

    先週、あるテニスのイベントでスピードガンコンテストの企画をやる機会があ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

    ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。女性のサーブ?女性…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大

    サーブに苦手意識がある人、すぐ分かります。どのポイントを見れば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう
  2. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方
  3. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ
  5. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
PAGE TOP