ストローク

ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと

毎年、大事な大会で3回戦止まり。

来年こそは、この壁を打破したい・・・と考えているみなさん。

私が考える、3回戦突破の鍵は、対ネットプレイヤーの戦い方にかかっている。

ロブ頼み、な自分を超えていきたい。

そう考えている人に、未来は拓けます。

 
 

足下を狙って、打っていく

今、アナタに必要なこと。

それは、前に出て来た相手の足下にしっかりと打つ技術、じゃないでしょうか。

「そんなの、出来るよ!」という方も、本当にそうですか?

大事な試合の、競った場面でしっかり打てるかどうか。

回転をかけて、並行陣の後衛の足下を狙う。

そのためには、練習でしっかりと自信と軌道のイメージを養っておく必要があります。

そうしないと、試合ではついロブを使いたくなる。

そしてそのロブは、大抵が入らないはずです。



相手を恐れては、絶対にダメ

試合で、これをまず意識しましょう。

どんなに強い相手でも、ボレーが上手い相手でも、避けてはいけない。

プレッシャーを感じている自分、に気付くこと。

しっかり打っていけば、そう簡単に攻撃されることは無い。

逃げようとしたときに、ボールの威力は無くなるんです。

相手が前に来る、ネットに詰めて来る、どんと来いですよ。

プレッシャーに屈しないで、しっかり打っていく。

ただし、力んで力任せにならないように、だけは注意しましょう。




抜こうと思わないで、ローボレーさせる

実際の試合では、これで充分。

しっかり打って、相手にボレーさせる。

抜こうとして難しいコースは狙わないこと、が大事です。

難しいコースを狙っている人って、まだ相手を避けてるんですよね。

自分が攻めているようで、恐れている。

相手には、打たせて良い、ボレーさせて良い。

ローボレーさせて、次に甘いボールを引き出せば良い。

そのローボレーを打たせるアナタ自身のショット、はしっかり振っていきましょう。



特に、女性ベテランプレイヤーのみなさんへ

私は、こう考えています。

つい、ロブを使いたくなる女子ダブルスのみなさんにこそ、です。

ロブだけに頼らない、しっかり打っていく姿勢が大事。

そうすれば、ロブもより活きるはずですしね。

普段の練習から、しっかりネットにいる相手に向かって打つ、ボレーさせる。

テニススクールなら、男性相手にもしっかり打つ。

この意識があれば、まだまだダブルスは強くなりますよ。

ロブ頼みのダブルスに、未来は無い。

その覚悟、がアナタ自身にありますか?

   


お勧めの練習法

そうは言っても、難しいですよね。

ネットにいる相手の、足下にしっかり打つ。

これ、スピンだけじゃないです、スライスで沈めることも大事。

ぜひ、ボレー対ストロークの練習で、スライスでストロークを沈める、ということを意識してみて下さい。

振り切ったスライスって、失速して相手の足下に沈むじゃないですか。

これも、立派な「しっかり打ったストローク」です。

スピンと混ぜて、自分自身の武器に育てていきましょう。

大事な場面で、きっと使えるはずですよ。



ショートクロス、ディンクショット、突き球。

ロブ以外にも、たくさんテニスにはネットプレイヤーに対抗する術、はあります。

武器を増やせば、打っていける。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振ればOK!

    ストロークの打点が近い方、意外と学生の皆さんの中でも多いように思います…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

  6. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  2. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  3. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう
  5. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
PAGE TOP