ストローク

対ネットプレーのストロークの、大前提は?

対ネットプレーの、ストローク術。

しっかり出来る人は、試合でも強い。

相手が前に来ても、並行陣になっても、何も慌てないですからね。

対ネットプレーのストローク術には、ある基本と大前提がある。

これを頭に入れてプレーするだけで、アナタ自身も試合で余裕が出来て来るはずですよ。

 
 

前をケアして、後ろをさばく

言葉で書けば、これだけです。

つまり、相手ボレーヤーのショットに対して自分がどう守るか、ということ。

ドロップボレーを警戒しつつ、深いボレーをどうさばいていくのか、を考えてプレーするんです。

恐らく、試合に出ている人にはピンと来る発想でしょう。

とにかく、相手が前にいるわけですから、ドロップボレーはしっかり警戒しないといけない。

その意識を向けながら、深いボレーにも対応出来るようにする。

さぁ、その具体的な方法を考えてみましょう。

深いボレーに、下がらない為に

前を警戒するには、ポジションを下げないこと。

ベースラインの後方では、ネットプレーに対抗出来ませんから。

相手のボレーが深くても、ずるずると下がってはダメ。

下がってしまうと、前のスペースを使われてしまう、悪循環になります。

深いボレーを、下がらないでさばくにはテクニックが必要。

ライジングショット、ハーフバウンドでの処理、を鍛えていきつつ、本当に深いボレーはこちらもノーバウンドで返すくらいの覚悟、が大事でしょう。

この意識があれば、気持ちも楽になる。

深いボールは、こっちもボレーで返す。

それも、ロブボレーで。

ナイスボレーは、ロブボレーで深く

相手のナイスボレー、深いボレーはもうこれでいきましょう。

ノーバウンドで、相手の頭上にロブを上げる。

早いタイミングでの返球が出来るので、ネットにいる相手に効くんですよ。

ロブボレー、という武器をベースラインから持っておく。

もしこれをテニススクールで使ったら、「しっかり下がって打ちましょう!」と言われると思いますが。

でも、そんな余裕は無いじゃないですか。

下がって打つとして、ロブですか?

だったら、私はノーバウンドでロブボレーで処理、で良いと思いますよ。

前を警戒し続ける、のが基本だから・・・

ただ、どんなに良いプレーを続けても、前を警戒し続けるのには限界がある。

後ろで前を警戒するのは、数球のラリーまで。

そこから先は、やはりアナタ自身もボレーに出ること、が大事なポイントです。

ベースラインから毎回浅いボールを走るのは、厳しいですからね。

後ろでラリーしながら、前に入るタイミングを常に探ること。

これが、基本です。

   

お勧めの練習法

ボレー対ストロークで、ボレー側がどんどんドロップボレーを使う。

それを、ストローク側の選手がどう対応するのか、をしっかり練習しましょう。

ただ、つなげるようなボレーだけを打っているのでは、練習にならない。

浅い、深いの変化をつけて、それにベースラインプレイヤーが対応していく。

積極的に、ロブボレーも使いましょう。

こういう意識付け、だけでもかなり練習の効果は変わりますよ。



並行陣相手、でも強い後衛。

これをイメ―ジして、しっかり練習していくこと。

浅いボールを絶対に触れるポジションで、深いボールをしっかりさばく。

下がらない、屈しない、相手のボレーを恐れない。

そんな選手に、成長していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。…

  2. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

    ストロークのコースの打ち分け、テニスの基本中の基本。それでも上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる
  2. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選
  3. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてく…
  4. ダブルス

    「打ってない人たちも仕事しろよっ!」テニスのダブルスの試合で勝つには絶対必要な意…
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
PAGE TOP