ボレー

ボレーが軽いのは、打点が遠いから

ただ当てて返すだけのボレーだと、試合で厳しくなる。

でも強打しようとすると振ってしまって、どこに飛ぶか分からない。

こんなジレンマを抱えている人は、打点と自分との距離感を見直しましょう。

ボレーが飛ばない、そんな人の多くは打点が遠い、前過ぎる、ような傾向にあると思います。

 
 

力が入る場所は、どこ?

アナタ自身が、例えば重たいものを押すとして。

車を両手で押して動かしてみる、としましょうか。

その時に、自分の身体と車の距離感はどうでしょう。

結構、ぴったりと近づく感じですよね。

身体の近く、の方が人は力を伝えやすい。

これは、テニスのボレーでも一緒です。

車を押すほど近付く必要は無いですが、自分の顔と30cmくらいの距離、がベストでしょう。

それより離れてしまうと、力が伝わらないですよ。

ボレーは遠心力、が使えない

サーブやストロークは、ある程度遠心力が使えます。

ラケットが加速した状態、でボールに当たりますよね。

でも、ボレーはこれが難しい。

基本的には、ほぼ静止した状態からボールに当たるので、力が入る場所で当てないと押されてしまう。

少しだけ上からラケットを入れて押さえ込む、にしても打点で力が入らないと安定しない。

ほとんどの方が、身体から遠いところでボレーを打とうとして、安定しない感じの軽いボレーになっているように感じます。

ラケットの長さは、使わない

これ、大事な視点です。

ラケットの長さがあるから、ついボレーもそれに頼りたくなってしまう。

でも、これは危険なんです。

届けば良い、という競技ではありませんからね、テニスは。

良いボールを打ち返して、相手を追い込んでいかないといけない。

ラケットの長さ分は、伸ばせば良い・・・という発想を、どこかで持ってはいませんか?

今すぐに捨てて、自分との距離感を一番に優先して下さい。

打点の直後に、脇が締まるように!

私がお勧めするコツは、脇の開け閉め。

打つ前に少しだけ開いているのはOK、打った直後には締まっているような感じで打てると良い距離感になります。

意識するのは脇なので、そこまで腕先に力は入れない。

常に、自分の脇が締まるくらいの距離感、でボレーを打てるように調整してみて下さい。

きっと、結構近付くんだな、と感じるはずですよ。

そうすれば、身体をぶつけていくようなイメージでボレーに重さも出て来るはずです。


お勧めの練習法

ボレー対ストロークで、ラケットが視界から消えないように。

それから、自分のおへそを前にグッと出すように意識して、下半身からボレーを変えていきましょう。

遠くのボールに、やっと届く時以外は出来るだけラケットとの距離感を一定にする。

練習方法はシンプルにボレー対ストロークで良いと思いますが、一度ボールに顔を近づけるくらい、の意識でボレー側の選手はラリーしてみて下さい。

腕だけを伸ばしたボレーと、伸びがどう違うのか。

確認してみると、試合でも使えるイメージが湧くと思います!

   

何より、自分のテニスが省エネになります。

ボレーで良い力の入れ方、を身に付ければテニスは疲れないですから。

遠くで触っていると、疲れるし怪我も増える。

身体との距離感、ぜひ近めで調整してみて下さい。

その方が、楽にボールを飛ばせると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを決めてしまおう

    ボレーの決定力、自分はある!と自信を持って言えますか?なかなか…

  3. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

    プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?…

  4. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  5. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  6. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど
  2. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い
  5. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない
PAGE TOP