戦術

ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。

みなさんも、テニスを始めた頃はボールをコントロールするのが楽しかったはず。

自分が思った通りにボールが飛んでくれる、それで満足でしたよね。

さぁそこから、次にいけるかどうかです。

アナタ自身、試合に強くなるとは「相手を動かせるようになる」ということですから。

人を動かす、だから面白い

ボールを打って、相手を動かす。

走らせて、「やっぱ取れないか・・・」という悔しそうな相手の顔を見る。

これ、ぜひ大好物になって下さい。

のっけから変な話ですが、人を動かして楽しいのは相手に感情があるから。

その悔しそうな雰囲気を見るからこそ、達成感がある。

テニスの試合が強い人って、こういうところに人一倍歓びを感じる人が多いんですよね。

アナタ自身も、相手を動かして試合を動かすイメージを持って欲しいんです。

人を動かせば、感情も動く

人間って、面白い。

アナタ自身がショットを打って走らせれば、色々考えてくれます。

「また、あそこに来るんじゃないのか・・・」

「次は、変えて来るかな・・・」

「とにかく悔しい!絶対に返したい!」

色々な感情が、相手の中でうごめいていくんですよね。

テニスの試合では、この感情が手に取るように分かれば、試合も楽しくなる。

ボールをコントロールして満足、だとそうはいかない。

あくまで、ボールは使うもの、ですから。

アナタ自身の目的は、相手を動かして勝つこと、です。

打ったボールには、そこまでこだわらない

逆に、打ったボールにはこれで良いと思いますよ。

こだわっても、しょうがない。

ナイスショットじゃないと自分の感情まで動いてしまう、ような人はなかなか試合で勝てないですよ。

自分の打つボールのコントロールの精度、ばかりに関心があるような人、男性で多いですよね。

自分が打ったボールに、自分で踊らされてしまう。

こういう人は、試合以前の問題を抱えています。

 

格上相手でも、やることは変わらない

「でも本当に強い人は、全くメンタルがぶれない・・・」と感じる方も多いでしょう。

確かに、試合慣れしている人はなかなか動いてくれない、感情を出してくれない。

でも、それは「本当に勝負所」の場面を迎えていないから、でしょう。

まだまだ余裕があるんだと思います、相手は。

ここは我慢強く、しっかり競った試合に持ち込みましょうよ。

そうすれば、必ず感情は動き出す。

相手も、勝ちたいという想いが強くなってくる。

そのためにも、アナタ自身が諦めないことが大前提ですね。



相手を動かすこと、揺さぶること。

試合では、常に先手を取りましょう。

ポイントを取って満足、ではダメ。

そのポイントが、相手の感情にどういう影響を与えたのか・・・を考えてみると、世界は拡がります。

そして、アナタ自身「テニスって面白いな」と、また感じることが出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

    ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。攻撃されて苦しい時には…

  2. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  3. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

    傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無…

  4. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を整理しよう

    1セットマッチでタイブレーク。このタイブレークを取った方が勝ち…

  5. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

    試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?試合…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  4. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
  5. 戦術

    しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる
PAGE TOP