ボレー

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。

でも、ローボレー等の対応でネットにかかってしまう、越えないというケースはありますよね。

この恐怖心に、どう打ち勝つのか。

やり方は、シンプルです。

あるキーワードで、必ずスライスボレーの攻撃力、精度はアップします!

 

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

 


 

1.結論、アウトを恐れないこと

スライスボレー、しっかりネットを越える。

高い位置を通すから、深さが出るのがボレーです。

特に相手がベースラインにいるような時には、しっかり高い軌道でボレーを打つ。

アウトを恐れないで、深く打つ意識が大事です。

スライスがしっかりかかっていれば、大丈夫。

滞空時間が長い割に、結構コートの内側に収まりますよ。

 

2.スライスボレーは、失速してくれる

深く打つスライスボレー、は意外と入ります。

スライス回転がしっかりかかっていれば、ある地点から急に失速してくれる。

深いスライスボレーは、意外と入ると思っておいて間違いないです。

強引に振ったボレーは入りませんが、しっかりとスライス回転をかけたボレーならOK。

普段の練習から、このスライス回転を意識すること。

それから、アウトを恐れないこと、が大事です。

 

3.ネットの上に目標を作ろう

私はいつも、ボレーでもこの基本を大事にしています。

ネットの上、1メートルくらい上を通すように狙う。

これで、必ずコートの内側には入ります。

置きにいくと、スライス回転がかからないで相手の脅威にならない。

フラット気味に伸びてアウト、になる可能性も出て来ますからね。

ネットの上に目標をしっかり作ってやり切る、ことが試合では大事です。

 



 

4.ボールの下を打つ、アウトを恐れない!

試合では、深いボレーは本当に脅威になります。

だからこそ、アウトを恐れないこと、が大事。

アウトを恐れたボレーって、怖く無いですからね。

ボールの下を打って飛距離を出す、スライス回転をかける。

くどいようですが、これの繰り返しです、ボレーは。

アウトミスの方が、ネットミスよりも何倍も価値があります。

もしかしたら、相手も迷ってアウトボールを触ってくれるかも知れないですしね。

ぜひ、意識して打ってみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

長い距離のボレーを打つ、スライス回転をかける。

ボレー対ストロークの練習で、ボレー側がサービスラインに立ってクロスラリー、をやってみましょう。

出来るだけ、ストローク側はノーバウンドでボレーヤーに届くように狙って打つ。

ボレーヤーも、相手コートに入れようと思わないでアウトするくらいのつもりで打つ、ことが大事。

練習ですから、多少アウトしても良いので球足の長さ、を意識しましょう。

そして、しっかりと失速してコート深く、にバウンドするかどうか。

動画に撮影して見直してみる、のをお勧めします。

 

スライスボレーって、エース狙いじゃない。

相手にジワジワ、圧迫感を与えていくようなイメージが大事。

スライスの良い練習にもなりますので、ぜひ意識してみて下さい。

アウトを恐れず、伸びのあるボールを意識しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

    ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。強い相手は、確実にショ…

  2. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

    女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。その…

  3. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

    身体の正面のボレーは、テニスの技術の中でも難しいモノ。なぜ難し…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

    深いボレーで相手を追い込む。サーブ&ボレーからの並行陣、まず深…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!
  3. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  4. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
PAGE TOP