ボレー

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。

でも、ローボレー等の対応でネットにかかってしまう、越えないというケースはありますよね。

この恐怖心に、どう打ち勝つのか。

やり方は、シンプルです。

あるキーワードで、必ずスライスボレーの攻撃力、精度はアップします!

 

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

 


 

1.結論、アウトを恐れないこと

スライスボレー、しっかりネットを越える。

高い位置を通すから、深さが出るのがボレーです。

特に相手がベースラインにいるような時には、しっかり高い軌道でボレーを打つ。

アウトを恐れないで、深く打つ意識が大事です。

スライスがしっかりかかっていれば、大丈夫。

滞空時間が長い割に、結構コートの内側に収まりますよ。

 

2.スライスボレーは、失速してくれる

深く打つスライスボレー、は意外と入ります。

スライス回転がしっかりかかっていれば、ある地点から急に失速してくれる。

深いスライスボレーは、意外と入ると思っておいて間違いないです。

強引に振ったボレーは入りませんが、しっかりとスライス回転をかけたボレーならOK。

普段の練習から、このスライス回転を意識すること。

それから、アウトを恐れないこと、が大事です。

 

3.ネットの上に目標を作ろう

私はいつも、ボレーでもこの基本を大事にしています。

ネットの上、1メートルくらい上を通すように狙う。

これで、必ずコートの内側には入ります。

置きにいくと、スライス回転がかからないで相手の脅威にならない。

フラット気味に伸びてアウト、になる可能性も出て来ますからね。

ネットの上に目標をしっかり作ってやり切る、ことが試合では大事です。

 



 

4.ボールの下を打つ、アウトを恐れない!

試合では、深いボレーは本当に脅威になります。

だからこそ、アウトを恐れないこと、が大事。

アウトを恐れたボレーって、怖く無いですからね。

ボールの下を打って飛距離を出す、スライス回転をかける。

くどいようですが、これの繰り返しです、ボレーは。

アウトミスの方が、ネットミスよりも何倍も価値があります。

もしかしたら、相手も迷ってアウトボールを触ってくれるかも知れないですしね。

ぜひ、意識して打ってみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

長い距離のボレーを打つ、スライス回転をかける。

ボレー対ストロークの練習で、ボレー側がサービスラインに立ってクロスラリー、をやってみましょう。

出来るだけ、ストローク側はノーバウンドでボレーヤーに届くように狙って打つ。

ボレーヤーも、相手コートに入れようと思わないでアウトするくらいのつもりで打つ、ことが大事。

練習ですから、多少アウトしても良いので球足の長さ、を意識しましょう。

そして、しっかりと失速してコート深く、にバウンドするかどうか。

動画に撮影して見直してみる、のをお勧めします。

 

スライスボレーって、エース狙いじゃない。

相手にジワジワ、圧迫感を与えていくようなイメージが大事。

スライスの良い練習にもなりますので、ぜひ意識してみて下さい。

アウトを恐れず、伸びのあるボールを意識しましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  2. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?

    試合の中で、「ラクに勝てたなー」という試合。振り返ってみて、み…

  3. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

  4. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  5. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もち…

  6. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します
  2. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ
  5. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ
PAGE TOP