テニス メンタル

リターン

相手のサーブの本質を、を見抜こう

試合の中で、リターンゲーム。

テニスの試合は、必ずサーブかリターンで始まります。

そのリターン、みなさん打つ技術にばかり意識がいっていませんか?

もちろん、ポジショニングやラケットワークも大事。

でも、もっと大事なことがあります。

それは、相手のサーブに対するスタンスを察する、洞察力です。

 

相手のサーブの本質を、を見抜こう

1.相手のサーブは、何狙い?

まず、これを考えてみる。

結構色々な人がいますよね、試合では。

完全にエース狙いな人、パワーで押して甘いリターンを引き出したい人、コーナーを突いて前衛を活かしたい人・・・。

まず、相手の狙いを感じてみる。

男性、女性、年齢といった先入観を取っ払って考えることが大事です。

洞察力って、テニスでは凄く大事です。

 

2.女性でも強打、男性でも安定感

一般的に、男性はバンバン強打して、女性は確率重視・・・のようなサーブが多い、と思いますか?

確かに、そういう傾向はあるでしょうが、一部です。

その逆のパターンのサーブを打つ選手も、試合では多いですよね。

だからこそ、先入観って怖いんです。

いつのまにか、洞察力が鈍ってしまう、考えることを放棄してしまいがちですから。

毎回しっかり、真っ新な気持ちで相手と向き合う。

そうすれば、サーブに対してどういうスタンスなのか、が見えてきます。

 

3.サーブはその人そのもの、かもしれない

私がなぜ、相手のサーブを感じることを大切にしているのか。

それは、サーブってすごくその人の考え方、が反映されるから。

サーブのスタンスが、テニスのスタンスとも言えるんですよね。

自分の好きなように打てるし、自分らしさが嫌でも出るのがサーブでしょう。

だから、ここの解明を進めれば他にも応用が効く。

バンバン打って来るようなら、きっとストロークやボレーだってそうでしょう。

慎重派なら、粘りが身上かもしれない。

こういう想定が立てやすい、のがサーブです。



4.本質を見抜く、には習慣が大事

いざ、試合でやろうと思っても上手くいきません。

実際に洞察力を磨くには、まず練習から。

普段一緒に長く練習しているメンバーのことが分からないで、なぜ初対面の人のサーブが分かるのか。

もっと身近な人から、しっかりと観察して洞察力を鍛えておく。

「この人は、サーブに何を求めているんだろう」という疑問を、常に持つ、考える。

これだけで、リターンはすごく良くなると思いますよ。

スタンスさえ見えてくれば、相手の攻略はもう8割完了したようなものでしょう。

 

何となく、分かるような分からないような・・・。

でも、それで良いんです。

何となく、という部分で想定を立てて、試合の後半には確信に変わる。

サーブって、本当に十人十色、ですからね。

相手を知るには、一番分かりやすいと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  3. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  4. テニス 準備
  5. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  6. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる
  2. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に
  4. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど…
PAGE TOP