テニス ダブルス

練習メニュー

練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか

練習で上手そうに見えても、試合で弱い人。

こういう人は、実は練習からある共通点があります。

言い方は悪いですが、上手いのではなく「上手そうに見えるだけ」なんですよね。

テニススクールやサークルといった多めの人数で練習している環境だと、これが難しい。

逆に言えば、これが練習から出来れば試合には強くなれる。

確実に強くなる、と私は考えています。

 

練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか

1.相手と打ち合って満足、になってない?

すごく上手そうに見える人でも、これがほとんど。

速いボールで打ち合って、それで満足、自分は技術があると勘違いしている。

テニスでは、相手とキレイなラリーをしても1点も入りません。

相手からポイントを奪わないと、試合では当然勝てない。

ポイントを奪うということは、基本は相手のいない場所にボールを打つ、運ぶということ。

これ、練習で出来ますか?

そこに潜む人間関係、が足かせになっている方多いと思いますよ。

 

2.「ポイントを奪い合いましょう」の一言が必要

私が昔、担当していたテニススクールのクラスでは、これが基本でした。

ラリーはつなげない、2往復したらポイントを奪い合う。

お互いに仕掛けるし、それに対応する。

初中級クラス以上の方であれば、これが実力の物差しになると信じてましたから。

相手に気を使ったり、嫌われるのが嫌とか、そういう発想は幼稚です。

上手くなりたいなら、相手を崩す術を身に付けないと。

ポイントをフェアに奪い合い、そこには恨みっこ無し。

このスタンスで練習出来ないと、試合に強い選手にはなれないですよ。

 

3.失敗しても良い、狙うところから始まる

技術のある、無しは関係ありません。

先輩や後輩のような、上下関係も無い。

テニスのルールの中でやることですからね。

とにかく、練習から相手のいない場所を狙う、失敗する、の繰り返し。

狙ってミスなら大丈夫、相手に気を遣って「狙わないこと」の方が大問題。

「でも、それだと練習にならないんじゃないの・・・?」と思う方も多いでしょう。

ラリーが続かない、お互いにミスばっかり・・・になったら、多少はつなげても良いと思います。

最初から弱気につなげるだけ、にはならないように。

意識を少しずつ、変えていきましょう。



4.お勧めは、ネットプレーから

まず、ボレーから変えていきましょう。

しっかりボレーを、相手がいない場所に狙う。

ネットプレーで、自分の中でフィニッシュのイメージを持ってラリーする。

ボレー対ストロークのラリーであれば、何回かつないだらドロップボレーを狙いましょう。

そうすることが、相手の成長にもつながります。

試合では、バンバン打たれるじゃないですか、強い相手ともなれば。

その対策を練るのが、練習なはず。

決められて怒るのは、お門違い。

と言っても、雰囲気を大事にするのが私たちですから、少しずつで良いので変えていきましょう。

 

ネットに出て、しっかり相手の穴を探す。

相手を見つつ、どこに狙いどころがあるのかを意識する。

試合に出ている人は、相手を見ながら空間を把握して穴を見つけてますからね。

ラリーするのに必死、なところから一歩抜け出しましょう。

最初は、背伸びする感覚でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  2. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・・」と感じたら?

    意識をしっかり高く練習したいと思っても、部活やチームでみんな共通の意識…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  6. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  2. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    「コードボールはアンラッキー?」テニスの上級者が準備している練習メニューとは?
  4. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう
PAGE TOP