テニス ダブルス

練習メニュー

練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか

練習で上手そうに見えても、試合で弱い人。

こういう人は、実は練習からある共通点があります。

言い方は悪いですが、上手いのではなく「上手そうに見えるだけ」なんですよね。

テニススクールやサークルといった多めの人数で練習している環境だと、これが難しい。

逆に言えば、これが練習から出来れば試合には強くなれる。

確実に強くなる、と私は考えています。

 

練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか

1.相手と打ち合って満足、になってない?

すごく上手そうに見える人でも、これがほとんど。

速いボールで打ち合って、それで満足、自分は技術があると勘違いしている。

テニスでは、相手とキレイなラリーをしても1点も入りません。

相手からポイントを奪わないと、試合では当然勝てない。

ポイントを奪うということは、基本は相手のいない場所にボールを打つ、運ぶということ。

これ、練習で出来ますか?

そこに潜む人間関係、が足かせになっている方多いと思いますよ。

 

2.「ポイントを奪い合いましょう」の一言が必要

私が昔、担当していたテニススクールのクラスでは、これが基本でした。

ラリーはつなげない、2往復したらポイントを奪い合う。

お互いに仕掛けるし、それに対応する。

初中級クラス以上の方であれば、これが実力の物差しになると信じてましたから。

相手に気を使ったり、嫌われるのが嫌とか、そういう発想は幼稚です。

上手くなりたいなら、相手を崩す術を身に付けないと。

ポイントをフェアに奪い合い、そこには恨みっこ無し。

このスタンスで練習出来ないと、試合に強い選手にはなれないですよ。

 

3.失敗しても良い、狙うところから始まる

技術のある、無しは関係ありません。

先輩や後輩のような、上下関係も無い。

テニスのルールの中でやることですからね。

とにかく、練習から相手のいない場所を狙う、失敗する、の繰り返し。

狙ってミスなら大丈夫、相手に気を遣って「狙わないこと」の方が大問題。

「でも、それだと練習にならないんじゃないの・・・?」と思う方も多いでしょう。

ラリーが続かない、お互いにミスばっかり・・・になったら、多少はつなげても良いと思います。

最初から弱気につなげるだけ、にはならないように。

意識を少しずつ、変えていきましょう。



4.お勧めは、ネットプレーから

まず、ボレーから変えていきましょう。

しっかりボレーを、相手がいない場所に狙う。

ネットプレーで、自分の中でフィニッシュのイメージを持ってラリーする。

ボレー対ストロークのラリーであれば、何回かつないだらドロップボレーを狙いましょう。

そうすることが、相手の成長にもつながります。

試合では、バンバン打たれるじゃないですか、強い相手ともなれば。

その対策を練るのが、練習なはず。

決められて怒るのは、お門違い。

と言っても、雰囲気を大事にするのが私たちですから、少しずつで良いので変えていきましょう。

 

ネットに出て、しっかり相手の穴を探す。

相手を見つつ、どこに狙いどころがあるのかを意識する。

試合に出ている人は、相手を見ながら空間を把握して穴を見つけてますからね。

ラリーするのに必死、なところから一歩抜け出しましょう。

最初は、背伸びする感覚でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  2. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

    テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。そう思っても…

  3. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう

    サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。も…

  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  5. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に

    テニスの練習、みなさんだとラリー練習が基本だと思います。どち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  2. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る
  3. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  4. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方と…
PAGE TOP