リターン

ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

試合で、相手がスライスサーブを打って来る。

その時に、どういうリターンをイメージしておくのか。

これが結構、試合では大事になります。

強打しても、未来は無い。

つい打ちたくなってしまいますが、ここは現実的に考えて準備しましょう。

 

ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

 


 

1.自分はコートの外にいる、ことを自覚する

ワイドに追い出されている自分のポジション、を自覚しましょう。

ダブルスでもシングルスでも、この状態から速いボールで攻撃することは危険です。

相手に速いボールを打つと、同じく速いタイミングで返って来ますからね。

そうなると、ポジションが崩れている自分の方が不利。

コートの外側に立っている自分、を受け止めてゆったりリターンする。

それだけで、かなり相手は嫌ですよ。

せっかく良いサーブを打っても、意味ないよという姿勢を相手に見せつけたいですからね。

 

2.スライスサーブを無効化しよう

まずは、しっかり山なりで返す。

それが出来れば、第一段階でのリターンはクリアです。

相手に、「スライスサーブ、効かないですよ」という意志表示を行うこと。

これが、相手のサーブの意欲を削いでいく一番の要素になりますから。

先回りして良い、とにかくしっかり追い付いて山なりなリターンを返す、時間を作る。

スライスサーブのリターンは、どんどん無効化していきましょう。

効かないと分かっていれば、相手も苦しくなる。

その姿勢を示すことが大事になります。

 

3.スライスサーブには、スライスが効く

これが、一番のコツです。

スライスサーブをスピン系でリターンしようとすると、打点が低くなるので難しい。

ラケットヘッドが、ボールの下に入っていかないんですよね。

スライスなら、ボールの横を捕らえてリターンしやすい。

この感覚を、ぜひ養ってみて下さい。

女性の方でも、スライスでリターン出来るようになると一気にリターンの守備範囲が広がります。

薄いグリップで待って、コツンと当ててロブというリターンも出来ますしね。

地味ですが、試合で本当に使える技術ですよ。

 



 

4.大事なのは、コートの外に出ないこと

コートの外側に出てリターン、していると厳しい。

例え返せたとしても、次からの展開で厳しくなるでしょう。

ですから、アナタ自身で強い意志を持つこと。

コートの外側には出ない、必ず前でさばくんだという意志を持つ。

前に入って、スライスで山なりにリターンするだけで、コーナーに入ったスライスサーブも良いリターンが出来るでしょう。

自分がリターンのときに、どこに立っているのか。

これだけは、常に意識して見直すようにしましょう!

 

5.お勧めの練習法

これは、簡単です。

サーブとリターンを、スライス縛りにしてしまう。

打てないと思っている方も、何となくのスライスで良いんです。

自分なりのスライスサーブ、スライスリターンを、ルールを縛って練習していく。

これが新しい道、になるはず。

繰り返しますが、スピンやフラットは一旦無しで。

スライスでお互いどういうショットが打てるのか、を突き詰めてみましょう。

 

スライスリターンをしっかり出来るようになれば、スライスサーブ以外のサーブも大丈夫。

速いフラットや、高く弾むスピンサーブだって応用の幅が拡がります。

ぜひ、この機会にスライスリターン、磨いてみて下さい。

新しい可能性が、そこにあると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  2. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  4. テニス メンタル
  5. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

    テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる
  3. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手
  4. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い
  5. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
PAGE TOP