テニス メンタル

リターン

セカンドサーブを思いっきり打って来る相手、への対応策について

たまに試合で、こんな相手と対戦することありませんか?

セカンドサーブでも、ファーストサーブと同じように打って来る選手。

ちょっとびっくりしてしまいますが、これも相手の計算でしょう。

ルール的には何の問題も無いですし、相手なりにそうする理由があるはず、なんです。

今回は、いざという時の対戦に備えて、考えてみましょう。

 

セカンドサーブを思いっきり打って来る相手、への対応策について

 


 

1.なんで、セカンドサーブも思いっきり打つの?

これは、色々な理由があるでしょうが、実はシンプルだと思っています。

彼らは、思いっきり打っている訳じゃない。

ただ、ファーストサーブを2回連続で打っているだけ、なんです。

2回連続で同じ動作で打つ、だから安定するし分かりやすい。

言ってしまえば、セカンドサーブというものを練習しなくても良い、ということになりますからね。

セカンドサーブを思いっきり打っている、というよりも自分で出来る限りサーブをシンプルにしている。

こう考えると、少し「なるほど」と思って相手を冷静に観察出来ると思いませんか?

 

2.そもそも、サーブに幅が無いのであれば

威力はあっても、攻略すれば楽。

何より、相手はきっと不器用なタイプでサーブは1種類しかない。

ですから、相手に応じての調整が効かないんですよね。

速いサーブは打てても、回転を変えたり、コースを狙ったりは苦手なはず。

私なら、ほぼ厳しいコースには来ないと山を張って、フォアハンドのリターンで待ちます。

その中で、リターンダッシュや浅いドロップリターンを入れて揺さぶっていく。

サーブに対しての集中力を削いであげるだけで、攻略は見えて来るでしょう。

 

3.自分にとって何が得なのか、を考えよう

私なら、こう考えます。

「攻略するのは、1つのサーブで良い、だから楽」と。

ほとんどの相手は、ファーストサーブとセカンドサーブを両方打って来ます。

こうなると、どっちかを攻略してもどちらかが返せない、なんてことあるじゃないですか。

ファーストサーブより、回転が多くかかったセカンドサーブの方が返しにくい、なんてこともあるはず。

だからこそ、セカンドサーブでもファーストサーブを打って来る相手は、楽なんです。

複数のサーブを打って来る相手、の方が私は嫌。

そう考えていくと、前向きになりませんか?



4.大前提として、強い相手ではないという事実

何も、慌てる必要はありません。

セカンドサーブも、ファーストサーブと同じようにドッカンと打つ相手。

こういう相手は、実力不足だと思って良い。

毎回セカンドサーブを強打してくる相手、に怯える自分が一番怖いですからね。

大前提として、こういう相手は強くない、と覚えておきましょう。

慌てないで、しっかり返球すれば大丈夫。

しっかり返しておけば、どこかで相手も崩れてくれるはずです。

 

セカンドサーブに対する期待、先入観って怖い。

相手は、何をやってくるか分からない、試合ではそう考えておかないと。

セカンドサーブを思いっきり打つ人、は存在します。

そういう人にしっかり勝つこと、がアナタ自身に大事なことですから。

慌てず備えておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  2. テニス ボレー

    リターン

    ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

    リターンゲームの、基本スタンス。試合に勝ちたいなら、これをしっ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  4. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる
  3. テニス ラグビー

    その他

    帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても…
  4. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
  5. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
PAGE TOP