テニススクール

動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

誰かに指導される、テニスレッスン。

テニススクールでもそうだと思うんですが、私は結構、ココが怪しいと思っています。

動いたから満足、疲れてるから練習出来た感、無いですか?

そもそも、テニスって「やりながら考えて、動作を修正する」なんて至難の業でしょう。

 

動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

 


 

1.例えば、コーチとのラリーでも・・・

「〇〇さん、テイクバック早く!」というアドバイス。

これを受けて、〇〇さんは必死で早く準備しようとしますが・・・そもそも、ラリーするだけで精いっぱい。

ローテーションも後半で、かなり疲労度も溜まっている。

息遣いも荒い、とにかくボールを追うことだけで必死な状況。

こういう場面って、よくありますよね。

コーチのアドバイスがどんなに的確でも、その場でテニスを継続しながら修正、実践していくのは難しい。

私は、そう思いますよ。

 

2.何となく打っていれば、出来た気になってしまう

不思議と、こうなってしまうんです。

打ち合っているコーチも、最後の方には「良くなって来ました!」と無理やりにでも言わないといけない。

だって、そうしないと「自分の指導が悪いみたい」じゃないですか。

何となく打ち合って疲れたら、練習した気になってしまう。

課題は、置き去りのまま。

これが普通の、いわゆるレッスンです。

どうしても、動くこと、返すこと、つなげること優先になってしまいますから。

そもそも、生徒側に余裕が無さ過ぎる、ことが問題でしょう。

 

3.だから、離れた場所で冷静に考えないと

だからこそ、私たちはテニスコート以外での過ごし方が大事なんです。

コートを離れて、自分と向き合う。

自分のプレー、スタンスを見つめ直して、考える。

ラケットを持っていない状態で考えるから、落ち着いて冷静になれるんです。

ラケットを握ってしまうと、どこかでみなさんスイッチが入りますよね。

それは、技術を変えるときに障害になりやすい。

冷静に、オンコート以外でテニスについて考える。

だから成長出来るんです。

 



 

4.試合に出ている人なら、なおさらです

私は、これを声を大にして言いたい。

試合に出ている、勝ちたい人ならなおさら必要なんです。

なぜなら、自分のテニスを常に変化させる、客観視する必要があるから。

ほとんどの人が、コーチと必死に打ち合っていれば中級くらいまではたどり着ける。

でもそこから先、は自分次第。

コート上だけで必死になって考えよう、修正しようと思っても、そんな余裕は無いでしょう。

練習の前から、必死で考えて頭を使っておく。

先に考えておけば、コート上ではシンプルに物事を整理出来るはずです。

 

例えば先週、コーチから何を言われたか思い出せますか?

それに対して、自分で答えは出ていますか?

怪しいという方は、コート上で何かを誤魔化している可能性が高いでしょう。

そこに気付いた方から、強くなっていける。

コート上に立てる時間なんて、私たちは少ないはず。

コート外で、どれだけテニスと向き合えるか、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い

    テニススクールや、プライベートレッスンでも。定期的にテニスを…

  2. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

  3. テニス ガット
  4. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

    最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。…

  6. テニススクール

    ボレー練習、無意味なのはコチラ

    普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。結構、意識しないと見え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか
  4. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意…
  5. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する
PAGE TOP