テニス 準備

シングルス

パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

シングルスの試合で、相手を走らせる。

これだけだと、なかなかポイントは取れないんですよね。

大事なのは、いかに相手に無理をさせるか。

「ネットに出る、ボレーしないと!」と大げさに考える必要はありません。

これで、充分です。

 

パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

 


 

1.私たちの試合では・・・

実際、そんなにパッシングショットが上手い人は、そう多くないです。

私の経験では、特にバックハンドですかね。

スライスロブで逃げて来るような人、が多いはず。

プロ選手の試合を観ていると、ネットプレイヤーがスパスパ抜かれているので、ついネットに出るのが億劫になってしまいますが。

一般の草トー大会なら、そこまで恐れる必要も無いでしょう。

ちょっとだけ、相手を脅かすようなイメージで良いと思います。

 

2.走らせるだけ、じゃ物足りない

でも、私たちの試合でも、シングルスで粘り強い相手は多い。

走り回って返して来る相手、嫌ですよね。

こういう相手に、少しだけエッセンスを加えてみる、プレッシャーをかけてみる。

相手を走らせた時には、少し遅れ気味でも良いので前に出ると、どうでしょう。

相手は、パッシングショットを打たないといけない、というプレッシャーにかられます。

本当にこれだけで、だいぶ違いますよ。

普通に山なりのボールが打てない、というのが良いプレッシャーになるんです。

シングルスの試合、走らせるだけじゃ相手のペースは崩せない。

アナタ自身が、2メートルだけでも前に出ること、が大事なんです。

 

3.ランニングショットは、ただでさえコントロールが難しい

パッシングショットは、コントロールが求められます。

精度の高いショットを打たないと、抜けないですからね。

テニスにおけるランニングショットは、ただでさえコントロールが難しいショット。

走って止まる、という動作を正確に行わないといけないですからね。

そこに、ショットの精度まで加わると、相当訓練している選手じゃないとしっかり打てないはず。

だからこそ、ランニングショットで無理してもらう。

パッシングショットしか打てない、と思わせてみることは大事なんです。

 



 

4.ランニングショット、の次もランニングショットで

前に出て、相手が返して来たら・・・また、落ち着いてゆっくり返せば良い。

相手をもう一度走らせる、ランニングショットを打たせるイメージで充分です。

走って打つ、走って打つ、を2回繰り返せば、相手のショットの精度はグッと落ちますからね。

シングルスの試合、体力も奪えます。

ランニングショットでパッシングショット、打たせておけば大丈夫。

アナタ自身のペースで、試合は進むと思いますよ。

 

5.お勧めの練習方法

相手のセカンドサーブを、リターンから前に出る練習をしましょう。

まずリターンで、相手の逆を突く。

セカンドサーブですので、ある程度リターン側が前に入って踏み込んで打つ。

逆を突けたと感じたら、ネットに出てプレッシャーをかける。

逆を突けなかったら、一旦ベースラインに留まる。

この、逆を突けたかどうかの温度感、も自分でしっかり確認出来るようにしておきましょう。

サーブからより、まずはリターンからの方が前に出やすいはず。

ぜひ、シングルス練習の一つとして取り入れてみて下さい。

 

走っている相手に、無理をさせる。

これは、テニスの試合での基本です。

恐らく、一般やベテラン、シニアの大会では走って打つならロブが多いと思うんですよね。

ネットに出るフリをして、ロブを誘ってスマッシュを打つ。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

    とにかく今すぐ、シングルスの試合に勝ちたい!と思っているみなさ…

  5. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  6. テニス シングルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない
  2. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道
PAGE TOP