ダブルス

相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。

センターセオリー、を使う前にしっかり相手をワイドに動かすこと。

このイメージを、リターン側で使えると良いでしょう。

速いボール、よりも上手く遅いボールを使って攻めるイメージを持っていきましょう!

 

相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

 


 

1.強いペアは、センターに強い!

ダブルスの試合は、センターセオリー。

でも、それは相手も意識しています。

強いペアほど、しっかりセンターは塞いできているから隙が無い。

でも、だから「ワイド」は狙い目なんですよね。

ライン際のような厳しいボールは打たなくても、しっかりワイドを使えば大丈夫。

それだけで、並行陣の相手は意識してくれますよ。

 

2.流れを確認してみましょう

相手がサーブ&ボレーで並行陣。

アドバンテージサイド、出来るだけフォアハンドで回り込んでいくイメージで待ち構えます。

でも、相手のサーブが厳しいバックハンド側に。

こういう時には、しっかり沈めることが大事。

その次からのボール、でチャンスメイクに入ります。

コートの内側、に入って攻めていくのがポイント。

でも、焦らず、が大事です。

逆クロスでショートクロス、に打てると非常に有効。

なぜなら、回り込むことで相手の前衛、ストレートへの意識を強くすることが出来るからです。

なかなか、ポーチに出辛いですよね、こういう場合。

更にもう一回、ショートクロスに打って相手サーバーを外側に寄せます。

浅いボールを引き出して、しっかりセンターを突いていく。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

ここまで隠しておいたセンターを、ここで出す!感じです。

 

3.2回打って、相手は警戒度を強める

ショートクロスに2回、結構しつこいですよね。

でも、これがこの作戦のポイントです。

1回だけ、じゃ相手もそこまで意識してくれないんですよね。

2回連続でやる、ことで相手はかなり警戒してくれる。

相手もペアで、センターセオリーの守備の意識が、揺らいでくるんです。

コートの内側に入れば、しっかり相手を攻撃出来る。

サーブ&ボレー相手に、下がってプレーするのは危険。

浅いボールを引き出しても、それがドロップボレーになって相手の攻撃になってしまいますからね。



4.お勧めの練習法

クロスでのボレー対ストロークで、しっかりショートクロスを狙う。

フォアハンド、バックハンドの逆クロスで狙えるようにしておきましょう。

これ、結構打てない人多いですよ。

打てないと、回り込んだりする発想が生まれにくい。

自分が打てるコースも狭くなりがち、ですからね。

ショートクロス、外側のショットから打てるのは当たり前。

内側の、逆クロスのストロークで打てるかどうか、が大事なポイントです。

普段の練習から、しっかり意識して使っていきましょう。

 

並行陣を崩す、バリエーションを増やしましょう。

ショートクロスも、外側のボールは打っても相手に読まれがち。

内側から、逆クロスで打って来ると相手はかなりやり辛いはず。

ぜひ、意識して使ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

    雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。でも、しっかり…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

    ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになってい…

  3. ダブルス

    後衛が迷っていると、ダブルスは試合にならない

    ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは、後衛がしっかり…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

    「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始める…

  5. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  6. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

    ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?上手く女性を狙…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  3. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
  5. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです
PAGE TOP