フットワーク

なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

前に足を踏み込まない、オープンスタンス。

これを武器に、粘るスタイルのテニスがなぜ強いのか。

今回は、このポイントに改めて迫ってみましょう。

普段使っている方も、使えていない方も、知れば見えて来るものがたくさんあるはず。

一緒に、考えていきましょう!

 

なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

 


 

1.オープンスタンスの魅力とは?

身体が正面向きのまま、打つことが出来るショット。

オープンスタンスの魅力は、これに尽きると思います。

相手の方を向いたまま、上半身の反応だけで打つことが出来る。

現代テニスのラケットから、これが可能なんですよね。

フォアハンドなら、守備だけでなく充分攻撃にも使えます。

深いボールに反応して返すことも出来るし、とにかく相手の攻撃を受け止めることが出来る。

それからもう一つ、守備的なテニスに使える秘密を押さえておきましょう。

 

2.コートリカバリーが、やりやすい!

みなさんも使っていて感じること、じゃないでしょうか。

走ってオープンスタンスで打つと、その後に戻りやすい。

踏み込んでクローズドスタンスで打つと、身体はコートの外側を向いていますから、戻る方向は背中になります。

オープンスタンスなら、正面向きですから身体が95度、戻る方向を早く向いている。

戻るのが早い、オープンスタンスはコートカバーリングに向いているスタンスと言えるでしょう。

上手く使い分けるには、自分に今「時間があるのかどうか?」という視点が大事になります。

 

3.時間がある、攻撃出来るならクローズドスタンスで

何でもかんでも、オープンスタンスを使うのは正しいとは言えません。

自分に時間がある、攻撃出来るなら、クローズドスタンスの方が良い。

時間が無い、追い込まれているならオープンスタンスを使いましょう。

ここで正しい選択が出来る選手が、試合でも強い。

今自分に、時間があるのかどうか。

この意識を養えれば、自然とスタンスの使い分けも出来るようになるでしょう。

オープンスタンスの特徴を理解出来れば、「使わない時」も分かって来るはずです。

 



 

4.オープンスタンスでライジングショット、が試合の最先端

今、テニスの試合での最先端技術の一つ。

それは、オープンスタンスでライジングショットで守備、でしょう。

錦織選手、大坂選手も得意にしている、下がらないで守備していく、それも攻撃的な球筋で。

オープンスタンスで、低い態勢からライジングショットを打って相手の深いボールを返す。

どうでしょう。

これが出来れば、試合ですごく使えます。

ただし、本当に難しい技術です。

しっかり練習して、オープンスタンスでのショットに加えていきましょう。

守備に使えるオープンスタンスは、実はライジングショットとも相性が良い。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

深いボールを、下がらないでライジングショットで打つ。

それも、オープンスタンスで、という練習をしてみましょう。

まずは、ショートラリーから。

その中で、オープンスタンスでライジングショット、を使ってみて下さい。

フォアハンドで慣れて来たら、必ずバックハンドも使う。

少し低い態勢を作って、前に推し出すようなライジングショット、オープンスタンスで打てると試合は激変します。

 

相手の深いショットを、タイミング早く返す。

ただの粘り、じゃないですよね。

守備的なテニスに適したオープンスタンスですが、実は良い攻撃にもなる、結果的に。

深いボールの処理、ライジングでぜひ磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

    ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。実際に力強く打って…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

  5. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  3. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要
  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのが…
PAGE TOP