ストローク

「ハッ!」より、「フー」

ボールを打つ時に、小さく声を出す。

みなさんも、こういう方多いんじゃないでしょうか。

プロ選手の試合を観ていると、テニスって「声を出した方が良いのかも」と思いますよね。

強くボールを打つ為?

いや、私たちの場合、もっと現実的に考えた方が良いでしょう。

どうやって呼吸をするのか、その中でプレーをするのか。

キーワードは、これです。

 

「ハッ!」より、「フー」

 


 

1.短いより、長い方が良い

特に、私の場合サーブですかね。

以前は、「ハッ!」と声を出していたようなサーブ。

これを、最近は「フー」と長めに息を吐く。

こうすることで、ボールにに伸びが出て来たように感じます。

短く息を吐く感じだと、一瞬の力は入るんですが安定しない。

フーと息を吐いていると、その幅の中で打てる感じがあって、しっくり来ました。

短いより長く、息を吐いてみる。

これは、サーブ以外にも使えます。

 

2.口を尖らせてみよう

口を尖らせて、息を吐いてみましょう。

こうすると、長く息を吐く時間が作れますよね。

それに、不思議とリラックスも出来るんですよ。

サーブだけじゃなく、ストロークを打つ時にも役立ちます。

口を少し尖らせると、私は視界も変わって来る。

打点に集中出来るような口の動き、になるような気がします。

私自身、この口の形を作ることで自分の中で集中出来ているような気がします。

本当に、ちょっとしたことなんですけどね。

 

3.一気に吸って、長く息を吐く

試合で緊張したとき。

一気に息を吸って、フーと長く吐く。

こうすることで、精神も落ち着くし、スッキリする。

サーブを打つ瞬間も、このイメージですね。

トスアップの時に息を吸って、フーと吐きながら打つ。

打つ瞬間も、息を止めない。

ギュッと打つ感じじゃない、フーの中で打つからリラックス出来る。

ちょっとした調整法ですが、長い試合を自分のリズムで戦う為に、呼吸って大事。

不思議と、最近疲れなくなった気がします。

 



 

4.ネットプレーにも、挑戦中

ただ、どうしてもまだボレーは「ハッ!」という感じ、になっています。

これも、フーに切り替えられないか、挑戦中です。

ネットから遠い位置のボレー、は結構息を長く吐きながら打てるようになりました。

どうしても、前に出ると息を止めてしまうような癖があったので。

ネットに出てもしっかりリラックス出来るように、呼吸から変えてみる。

そうすると、視野も拡がっていきますからね。

まだまだ、私も挑戦中です。

 

5.お勧めの練習法

私も現在進行形ですが、ボレー対ストローク、またはボレーボレーでの呼吸法を見つめなおしてみる。

ボレーを打つときに、つい力んで息を止めたり、「ハッ!」という感じで途切れていないか。

テニスのラリー、プレーは続いていきますからね。

ボレー側で、息を吐きながら冷静にプレー出来れば、まだまだその精度は上がっていくでしょう。

普段の練習のラリーから、ボレー側で息を吐きながらやってみる。

どうでしょう、まず家の中でゆっくり口を尖らせて吐く呼吸、練習してみませんか?

 

たかが呼吸、されど呼吸。

普段の生活では意識しないことも、テニスの試合ではすごく大事な要素になります。

科学的に証明されてなくても、「これをやれば、自分は落ち着くんだ」という根拠、見つけておくと強いですよ。

「ハッ!」よりも、「フー」。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

  3. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

    試合でストロークが振り切れない人。モヤモヤして、精神的にも安定…

  4. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブペース

    対戦相手と、それほど実力差は無いと感じる試合の中で、中盤から相手に押さ…

  5. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試してみよう!

    トップスピン系のストロークを打つ時、フォアもバックもしっかりとラケット…

  6. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!

    試合でコントロールが良い選手、憧れますよね。最近のラケットやガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    錦織選手のように「厚いグリップからコンパクトに振り抜くフォアハンド」を身に付けて…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付…
PAGE TOP