ボレー

ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です

速いストロークを、ボレーで返す。

これが難しいと感じている方は、初中級者の方で多いと思います。

特に、テニススクールで男性のストロークを返すのが厳しいと感じている、女性のみなさん。

難しくないです、簡単です。

今日は、そのイメージから変えていきましょう。

 

ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です

 


 

1.45度斜め前を向く

私は、速いボールをボレーするときには、これを意識しています。

斜め前を向く、まずこの上半身を作る。

横向きを作る時間は無いし、だけど正面向きだと弾かれますからね。

45度、というのは一つのキーワードになります。

斜め前を向いて、ボレーしていく。

これでも、充分に打点は前に確保出来るし、しっかり抑えが効くはずです。

 

2.速いボールを待つには、ステップを変えよう

速いボールが苦手な人は、そもそも足下が合っていない。

スプリットステップを全くしていないか、していてもタイミングが遅い。

相手が打つ瞬間に着地、またはそれでも遅れる人はもう少し早めに着地、でいきましょう。

コレでだいぶ、相手のボールをしっかり見ることが出来るようになると思いますよ。

後は、技術よりも意識の問題。

打ち返す、という意識は必要ありませんし、ミスの元です。

 

3.壁になること、に集中する

私自身、試合で打ち込まれそうな時には、この意識で構えます。

とにかく、壁になる。

壁になって、必死に返すことだけに集中する。

45度斜め前、早めのステップ、で自分は壁になるというモードが発動する感じですね。

壁になってしまえば、後はひたすら返すだけ。

返すだけに集中して、無理はしない。

力む必要も無いですし、難しいことは自分からはしなくてOK。

相手のボールよりも、遅いボールを返球するようなイメージで。

この壁になる形が身に付けば、それが相手の脅威になります。

 



 

4.ただ返すだけ、で充分良い攻撃になる

相手からすると、返されるだけで脅威です。

強打しているということは、バランスも崩れている可能性が大。

ですから、ただ返すということが、結果的に良い攻撃になるんですよね。

強打を貫いて得点出来る選手なんて、そうはいないですよ。

どこかでロブに切り替えたり、甘くなるのが普通でしょう。

その瞬間が、チャンス!

アナタ自身、まずしっかり簡単にブロックボレーで返すこと、に集中しましょう。

 

5.お勧めの練習法

出来るだけ、フラット気味のストロークを打ってもらう。

それをボレーする、ボレーで返すことに集中する。

ブロックボレーを意識して、ストロークよりも遅いボレーで壁になるイメージでいきましょう。

もし可能なら、男性がストローク、女性がボレーというような組み合わせで練習出来ると良いですね。

難しい場合には、あえて強打側のストロークを設定して、ひたすらボレーで壁になる練習をやってみましょう。

 

強打のストロークの方が、ボレーは楽ですよ。

相手の力をそのまま、使えますからね。

相手が強く打てば打つほど、壁の効果は大きくなっていきます。

ぜひ、ブロックボレーは簡単なんだというところから、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

    ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。強い相手は、確実にショ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、簡単そうで奥が深い

    自分のフォアハンドボレー、皆さんはどんな印象ですか?何となく、…

  3. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  4. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い

    試合の中で、ドライブボレーを使う。「それって、若くてラケットを…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り…
  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー…
  3. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  5. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ
PAGE TOP