ボレー

「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

ダブルスの試合の前衛、でなかなかポーチに出ることが出来ない人。

きっとその要因は、「ポーチに出ても、決まらない・・・」と思っているからでしょう。

この思考を変えるには、「どこに打てば決まるんだ」という自信を持つことが大事。

一発で決める必要は無い、と書いて来ましたが、しっかり前に詰めた時にはコースを狙いたいのがポーチボレー。

みなさん、今一度細かい精度、狙いを絞っていきましょう。

 

「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

 


 

1.どこに打てば決まる?

どこにバウンドさせるのか、をしっかり考えましょう。

しっかりネットに詰めて、コントロールしたポーチを打つ。

そのためには、事前に「あの辺に、あの角度でバウンドさせたいな」とイメージすることが大事。

厳し過ぎるコースを狙う必要はありませんが、やはり相手に触られないコース、がベストですよね。

であれば、しっかり前衛の前のスペースを突いていくこと、が大事になります。

 

2.流れをイメージしてみましょう

アナタ自身が前衛に立って、相手がリターン。

そのリターンをしっかりポーチで決める、最初のポジショニングから大事になります。

しっかりと、存在感を相手リターナーに示すこと。

これくらい↓ハッキリとセンター寄りに立つのがベストです。

そうすれば、1歩動くだけでもうセンターストラップ近くのボールを触ることが出来る。

動く歩数が少ないので、正確にボールを捕らえることが出来ますね。

狙うのは、相手の前衛の前のスペース。

相手前衛の足下、ではないです。

しっかり高くバウンドさせるように、フラット気味にボレーしていきましょう。

パチン!と弾く感じですね。

バウンドしたボールは外に大きく逃げていくようなイメージ。

力は要りません、しっかりボールの上から入ること、が大事です。

 

3.相手を追い出す、フラットボレーを覚えよう

このボレーは、なかなか使わないボレーでしょう。

ネットに詰めないと、こういう当たりではボレーを打てません。

しっかり、先回りしてボールの上からラケットを入れること、が大事。

振る感じでは無い、合わせて弾く感じ、がベストです。

しっかりと下方向に向かってボールを飛ばすこと、を意識してみましょう。

相手前衛の前、少しだけ外寄りを狙えるとベストです!



4.お勧めの練習法

ポイントを終わらせる為のボレー、ですから。

ゲーム形式よりは、サーブ→クロスリターン→ポーチ、で終わるイメージでどんどんサーブからリターンしていきましょう。

サーブの人は交代しながら、とにかく前衛が決めるイメージで先にセンターに動く、ことが大事。

もしサーブから、が難しいようなら、クロス方向のストロークの球出しから、でもOK。

とにかく、前衛がネットに詰めてしっかり狙いを定めたボレーすること、が大事。

チームで取り組めば、ダブルスの力は確実にアップします。

 

決めることが出来ない前衛は、思い切って狙いましょう。

ポジショニングと、コース取り。

これだけ意識すれば、力は無くともポーチは決まります。

ぜひ、試合の中で使ってみて欲しい技術です。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

  2. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  6. ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  3. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
PAGE TOP