ボレー

「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

ダブルスの試合の前衛、でなかなかポーチに出ることが出来ない人。

きっとその要因は、「ポーチに出ても、決まらない・・・」と思っているからでしょう。

この思考を変えるには、「どこに打てば決まるんだ」という自信を持つことが大事。

一発で決める必要は無い、と書いて来ましたが、しっかり前に詰めた時にはコースを狙いたいのがポーチボレー。

みなさん、今一度細かい精度、狙いを絞っていきましょう。

 

「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

 


 

1.どこに打てば決まる?

どこにバウンドさせるのか、をしっかり考えましょう。

しっかりネットに詰めて、コントロールしたポーチを打つ。

そのためには、事前に「あの辺に、あの角度でバウンドさせたいな」とイメージすることが大事。

厳し過ぎるコースを狙う必要はありませんが、やはり相手に触られないコース、がベストですよね。

であれば、しっかり前衛の前のスペースを突いていくこと、が大事になります。

 

2.流れをイメージしてみましょう

アナタ自身が前衛に立って、相手がリターン。

そのリターンをしっかりポーチで決める、最初のポジショニングから大事になります。

しっかりと、存在感を相手リターナーに示すこと。

これくらい↓ハッキリとセンター寄りに立つのがベストです。

そうすれば、1歩動くだけでもうセンターストラップ近くのボールを触ることが出来る。

動く歩数が少ないので、正確にボールを捕らえることが出来ますね。

狙うのは、相手の前衛の前のスペース。

相手前衛の足下、ではないです。

しっかり高くバウンドさせるように、フラット気味にボレーしていきましょう。

パチン!と弾く感じですね。

バウンドしたボールは外に大きく逃げていくようなイメージ。

力は要りません、しっかりボールの上から入ること、が大事です。

 

3.相手を追い出す、フラットボレーを覚えよう

このボレーは、なかなか使わないボレーでしょう。

ネットに詰めないと、こういう当たりではボレーを打てません。

しっかり、先回りしてボールの上からラケットを入れること、が大事。

振る感じでは無い、合わせて弾く感じ、がベストです。

しっかりと下方向に向かってボールを飛ばすこと、を意識してみましょう。

相手前衛の前、少しだけ外寄りを狙えるとベストです!



4.お勧めの練習法

ポイントを終わらせる為のボレー、ですから。

ゲーム形式よりは、サーブ→クロスリターン→ポーチ、で終わるイメージでどんどんサーブからリターンしていきましょう。

サーブの人は交代しながら、とにかく前衛が決めるイメージで先にセンターに動く、ことが大事。

もしサーブから、が難しいようなら、クロス方向のストロークの球出しから、でもOK。

とにかく、前衛がネットに詰めてしっかり狙いを定めたボレーすること、が大事。

チームで取り組めば、ダブルスの力は確実にアップします。

 

決めることが出来ない前衛は、思い切って狙いましょう。

ポジショニングと、コース取り。

これだけ意識すれば、力は無くともポーチは決まります。

ぜひ、試合の中で使ってみて欲しい技術です。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

  2. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もち…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
  2. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人
  3. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない
  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
PAGE TOP