ダブルス

並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

ダブルスの試合で、前に出て戦いたい。

だけど、並行陣で挑んでもなかなか勝てない、とお悩みの方はどうすれば良いのか。

まず、このポイントをチェックしてみて欲しいんです。

並行陣、ネットプレーは基本的に相手に無理をさせる作戦、のはず。

それがいつの間にか、アナタ自身がミスをしている、ミスが早くなっているようなケース、多くないですか?

 

並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

 


 

1.並行陣=ローボレー

まず、この足下のボレーですね。

ローボレーを打つ回数は、並行陣、ネットプレーでは非常に増えます。

当然です、相手のストロークは自分のコート内にバウンドするように落ちて来ますから、ボレーで返すなら自分の足下から、ということになる。

並行陣で戦うと決めた時点で、まずこのローボレー対策がしっかりしていないと、戦えない。

無理してミスしたり、何も出来ないと落ち込んでしまう。

足下のボレーって、みなさん試合でどうでしょうか?

 

2.まずは無理をしない、が最優先

アナタ自身が前に出る、相手が足下に打って来る。

この時点では、相手の方が優位と見て良いでしょう。

ですから、ここはしっかり返すだけ、で良いんです。

ローボレーをしっかり、相手の後衛に返す。

結果的に前衛に捕まってもOK、一番もったいないのは簡単にミスをしてしまうこと。

足下に沈められるだけで、慌ててボレーどころじゃない方、多くないですか?

まずは、しっかりラケット面を作ってボールを返す、ことに集中する。

早めに止まって、ハーフボレーでも良いでしょう。

無理に全てノーバウンドで対応する必要は無いですよ。

 

3.無理しないローボレーって、どんなローボレー?

相手がストロークを打って来る、これをどうするのか。

簡単です、そのままの軌道で返せば良い。

山なりでネットを越えて、少しだけスライス回転がかかったボレーで返す。

速度も要らない、無理に深く打つつもりはない。

無理をしないで、返すこと優先。

「打ち込まれたくない!」という気持ちは分かります。

でもそこで力が入っても、ミスになるだけですから。

まずは丁寧に、深く返すだけ、に集中しましょう。

 

4.典型的なパターンを確認してみましょう

サーブから前に出て、2球しっかり粘るようなイメージが大事です。

特に相手のリターンが鋭い時には、無理をしない意識が大事。

しっかり前に入る、浅く沈むボールも予測しておきます。

沈めて来る、ということはプレッシャーは効いているということですからね。

浅いリターンは、慌てず前に落としましょう。

その次のボール、ここが踏ん張りどころですね。

しっかりローボレーをクロスに返す。

相手の前衛も動いて来る可能性が高いですが、気にし過ぎないでOK。

少し浮いてきたら、スライスボレーで相手を追い込む。

相手が無理したくなるような場面を作ってあげます。

最後はロブがアウト、これが入ったらもうしょうがない、という意識が大事です。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ



5.上半身の捻り、だけで充分良いボレーになる

私がローボレーで意識しているのは、少しだけ上半身を捻る、ということ。

右利きのフォアボレーなら、少しだけ左の肩を前に出す。

でも、完全に横向きを作るところまではいかない感じです。

バックボレーも、少しだけ右肩を出して準備、あとはしっかりボールの下側を打ってボールを山なりに飛ばす。

この感覚、で良いと思います。

相手から攻められる、攻撃が続いても良い、とにかくミスをしないことだけを意識して壁になりましょう。

 

6.お勧めの練習法

クロスでのボレー対ストローク、をしっかり練習しましょう。

ストローク側の選手は、なるべく足下にボールをコントロールする。

そしてボレーヤーはそれを深く返す、これを最低、2往復はしっかりラリーする。

3往復目からは、お互いに攻撃してOK、ロブもドロップも有り、という感じでしっかり攻め合う。

メリハリを付けて、お互いにつなぐところはつなぐ、攻めるとことは攻める、という意識で練習しましょう!

 

足下のローボレーに自信が持てると、並行陣は強い。

逆に苦手意識が芽生えると、すぐにアゴが上がって上体が高くなってしまいますからね。

足下のボレーをしっかり確実に返す、そのボレーの軌道をイメージして練習していきましょう。

しぶとさ、を身に付ければ試合で強いです、絶対に。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう

    ダブルスの試合、前衛の仕事は相手にプレシャーをかけること。では…

  4. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなけれ…

  5. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる
  2. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
  4. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?
PAGE TOP