ボレー

ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。

もう嫌になって、練習からストロークだけになってはいませんか?

ボレーが苦手な人って、ミスが多いというより「ボールが飛ばない、伸びない」から嫌になる。

そんなみなさんは、きっと少しの意識で変わります。

ボレーはストロークとは違います、急に上手くなることが出来る。

私は、そう思いますよ。

 

ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

 


 

1.なんで、ボレーが飛ばないんだろう

なんで、でしょうね。

ボレーをしても、ボールは目の前にポトッと落ちるだけ。

打感も悪いし、ラケットが硬い板のように思えて来る。

そりゃ、ボレーが嫌にもなりますよね。

この原因、本気で考えてみましょう。

私は、ラケットを握る、そのタイミングにあると思いますよ。

 

2.「怖い!」と思うと、人はどうなるのか?

みなさんも、最初ボレーの練習をした時に思いませんでしかか?

「怖い!」と。

硬式のテニスボールは硬いし、目の前に速いボールが飛んで来ると、ついグリップを強く握ってしまう。

そう、早いタイミングで握ってしまうと、ボレーって飛ばないんですよ。

強く握った状態でボールを打つと、ボールは飛びません。

ボールを飛ばすには、グリップを握るタイミングが大事。

ここさえ克服出来れば、ボレーに伸びが出る。

伸びが出るから、コントロールも出来るし自信が生まれるんです。

 

3.緩いグリップで、一瞬待つ勇気を持とう

さぁ、後は意識改革です。

ボレーは怖く無い、緩いグリップで待つ、という勇気が大事。

ボレーは、打つ瞬間にグリップを握り込むという意識大事。

だからこそ、緩いグリップで待つ、恐怖心を克服する。

ネットに出て、速いボールをしっかり待てるような感覚、を練習から養いましょう。

心配しなくても大丈夫。

ボールはアナタ自身の味方、です。

 



 

4.伸びがあるボレーが打てれば、世界は変わる

ボレーが得意になる、好きになる。

そのためには、これが一番です。

ボレーの威力がアップする、その自信がアナタ自身のプレーを変えます。

グリップを握るタイミング、恐怖心を克服して、しっかり打っていく。

まず、イメージを持ちましょう。

しっかり打つことが出来れば、アナタ自身のプレーは変わります。

まずは勇気を持って、怖いと思う自分を変えていくこと。

そうすれば、グリップを握るタイミングをも変えてくれるはずです。

 

5.お勧めの練習法

ボレー対ストローク、これをしっかりボレー側が深いボレーを安定して返すこと。

安定して深いボレーを打つには、グリップの握り込みのタイミングを変えていくこと、が大事です。

ボールのスピードは必要ありません。

グリップを握るタイミング、をしっかり遅らせる。

グリップを握るタイミング、で遠くにボールを飛ばすイメージで打ってみて下さい。

ネットから遠い場所、サービスラインくらいからボレーしていくと良いでしょう。

 

ボレーでしっかり、長い飛距離を出す。

これは簡単なようで、なかなか出来る人は少ないはず。

試合で勝ちたいなら、ボレーで力を使わないで楽に飛ばせるようにしないと。

恐怖心を克服して、リラックスして待つ。

これだけで、アナタのボレーは大きく変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  2. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアップ!

    バックハンドボレー、どうしても力は入り辛いですよね。片手でも両…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

    守備力が高い選手は、ボレーも上手い。特に、相手から打ち込まれた…

  4. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ
  2. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
  5. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
PAGE TOP