テニス ストローク

リターン

スライスサーブのリターンのコツ、教えます

試合に出て、打たれるサーブ。

実際には、スライスサーブが多いと思います。

男性でも女性でも、打ちやすいサーブですし実戦向き。

だからこそ、このサーブのリターンについてしっかり準備しておく必要があります。

スライスサーブ専用のリターン、コツを押さえてしっかり考えて練習しておきましょう!

 

スライスサーブのリターンのコツ、教えます

 


 

1.スライスサーブのリターン、何が難しいのか?

まず、ボールが弾まない。

打点がどうしても、低くなるのがスライスサーブの特徴ですよね。

横に滑る変化も厄介ですが、まずは打点が低くなることを出来るだけ抑えること、がリターンでは大事です。

つまりは、ポジションを前にしてネットに近付くこと。

スライスサーブは、いつものリターンのポジションよりも更に前、に入って打つのが基本です。

少しでも高い打点でリターン出来れば、それだけミスが減る。

この大前提は、ぜひ意識しておいて下さい。

 

2.曲がる方向は、1種類だけ

スライスサーブは、曲がる方向は1つ。

右利きの選手のサーブなら、向かって右方向にしか曲がらない。

ですから、私も右利きですが、フォアハンドリターンは逃げていく、バックハンドリターンはボールが向かって来る。

この意識があれば、もうコツは掴んだようなものです。

フォアハンドリターンは、出来るだけボールに近付くようにすると、打ちやすい打点に入れます。

バックハンド側は、サーブが自ら曲がって来てくれるので、慌てないで引き付ければOK。

この2つのフットワーク、打点の入り方だけしっかり覚えておきましょう!

 

3.いつもより、フォアかバックかの判断を早く!

2.を実現する為には、判断を早くしましょう。

フォア側か、バック側か。

スライスサーブのリターンは、この精度が肝になります。

サーブ自体はそこまで速くないので、慌てないで大丈夫。

曲がる方向は一つ、そこに対して近付いていくのか、曲がって来るボールを引き付けるのか。

判断が早ければ大丈夫、絶対に良いリターンは返ります。

 



 

4.スライスサーブが強力な相手には・・・?

私なら、思い切ってしっかりポジションを変える。

スライスサーブでワイド、に切れていくようなサーブは、要ケアですよね。

シングルスのサイドラインより外側、アレーに立つくらいでも良いと思いますよ。

そこに立つことで、相手サーバーにもプレッシャーがかかります。

曲がる方向は一つ、それでセンターにフラットサーブが入ったら捨てる。

これくらい思い切った策、が必要な場面もあるでしょう。

 

5.お勧めの練習法

リターンの球出し練習、スライスサーブをかなり前から打って、それをリターンする練習をしていきましょう。

サーブを打つ場所は、サービスラインの少し後ろ、くらいからでOK。

センター、ワイドにスライスサーブの球出しをして、それをリターンしていく。

かなり厳しい練習ですが、実際の試合ではよりスライスサーブが楽に感じされるはずです。

もちろん、球出し側も良い練習になるのがメリット。

ポジションを前にして、ワイドとセンターのサーブをどう返すのか、軌道をしっかり目に焼き付けておくと良いと思います!

 

スライスサーブ、慣れるとリターンに自信が持てます。

打点が低くならないようなポジション、そして曲がり方と抑え方を覚えること。

ミックスダブルスでも、これが返せないと男性リターンでポイントが取れませんから。

しっかりチームで、練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  4. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

    リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。…

  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストローク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い
  2. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  4. テニススクール

    コーチの意見と自分の意見、迷ったときは・・・?
  5. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返…
PAGE TOP